<< 学校水槽メイキング2016 探究2 | main | 学校水槽メイキング2016 探究4 >>
学校水槽メイキング2016 探究3

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

前回、「学校水槽メイキング2016 探究2」からの続きです

 

 

 

「グッとくる魚の棲家」をデザインするために

モチーフとしたのが

 

IMG_0883.jpg

 

増水によって土が削り取られ

むき出しになった岸辺の根

 

 

 

 

スケッチを元に

制作していきます

 

スケッチ02.jpg

 

スケッチ:カツキ顧問

 

 

 

 

 

まずは

いつもの様に

ペナック(おまじない)

 

IMG_2349.JPG

 

サラサラ

 

 

 

 

 

袋入り軽石

 

IMG_2355.JPG

 

ポンポンッ

 

 

 

 

 

大まかに土台となる石を組んでいきます

 

1.JPG

 

トントントンッ

 

 

 

 

毎年繰り返される立ち上げの作業は体に染み付いているので

流れるように進んでいきます

 

 

 

石の質感の方向

配石方法

影をデザインしていきます

 

2.JPG

 

自然感を意識し

 

 

 

 

 

 

消失点に向かって目線を誘導する流れを演出

 

3.JPG

 

最終的にはほぼ見えなくなる箇所ですが

こういう土台づくりへのこだわりが良い作品づくりにつながると考えます

 

 

 

 

 

このあたりも同じみの作業ですが

石の間に綿

 

_MG_7861.JPG

 

ソイルもれ防止 バクテリア繁殖領域確保

 

 

 

 

 

 

積み上げた石の上に

 

IMG_2510.JPG

 

流木を配置

 

 

 

 

風雨に耐えるべく

力強く岩を抱きかかえ

 

水や養分を求めて

枝分かれし広く伸びてゆく

 

たくましく生きているであろう植物の姿を想像しながら

根をデザインしていきます

 

 

 

 

根のデザインは

 

IMG_0748.JPG

 

市販の流木と山で採集した倒木の根を組み合わせて行なっていきます

 

 

 

 

 

 

 

水中ボンドを使って接着し

 

名称未設定 1.jpg

 

固まるまでテープで固定

 

 

 

 

 

 

調整の必要があれば

 

IMG_0874.JPG

 

引き剥がし

 

 

 

 

 

 

 

位置を修正し

 

IMG_0873.JPG

 

再度、接着

 

 

 

 

 

 

 

試行錯誤を繰り返しながら

 

IMG_0749.JPG

 

密度をどんどん上げていきます

 

 

 

 

 

 

それを2ヶ月ほど続け

 

IMG_0875.JPG

 

根の密度によって

 

 

 

 

 

 

 

水槽に入れた手が抜けなくなったら

 

IMG_0891.JPG

 

筆を置くサイン

 

 

 

 

 

 

 

根のデザイン

 

IMG_0892b.jpg

 

完成

 

 

 

次回は

植栽し、ミスト管理していきます

 

続きます

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| メイキング | 18:13 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんにちは。
学校水槽の作り方もじっくり観察させて頂きます(笑)

早速、質問です。
1、石は何を使っているのですか?
2、接着剤はコニシのシリコンシーラントですか?
3、剥がしたり接着したりでシリコンが残りませんか?水草で隠すのでしょうか?(←この辺はもしかしら次回答えが分かるのかもしれませんね^-^;)

質問ばかりですみません。
今、再来年用に石組をしているところです。
何しろ私の住んでいる田舎ではADAの販売店はあるのですがレイアウトの方法となると情報がなくて自分で色々試行錯誤しています。(ソイルの崩れない盛り方とか・・・)

以前は有名なアクアリストさんのお店があったらしいのですが今はなく残念です。。。

少し話がそれました。
私も微力ですが少しでもこのコンテストを盛り上げられるように今年こそは応募しようと思っています。
宜しくお願い致します。
| eno | 2017/01/16 10:28 PM |
きて本物の作品で部長のレイアウトは芸術です。
| yool | 2017/01/16 11:25 PM |
enoさま

じっくり観察ありがとうございます!

質問への回答です。
1.購入したもの 山で採集したもの 学内の森で採集したもの 色々ミックスです。
2.接着剤は浴槽の修理などに使うバスコークという商品です ただ、他の接着剤と比較したわけではないのでこれがベストなのかはわかりません。
3.接着材は固まると手で簡単に剥がせます。 本来とは違う用途での使用なので接着力はあまりありません。 接着箇所はおっしゃるとおりで、水草で隠します。

enoさんの作品楽しみにしてます!
| マックス部長 | 2017/01/17 6:30 PM |
yoolさま

励みになります、
ありがとうございます!
| マックス部長 | 2017/01/17 6:31 PM |

部長様、こんにちは。
水槽のセッティングの準備中に質問ができて問い合わせします! セットするとき多くの石が使用されますが..
ph管理法学ぶことができるでしょうか?。
| yool | 2017/01/20 11:50 PM |
yoolさま

ph管理法ですが

水槽学部での管理では水質調整剤などは使用しません。
phメーターなどでの水質チェックも行わず
日常の観察と水換えのみで管理しております。
石を多く使う事による水質変化によって
水草の育成状況が悪くなる可能性があるかと思いますが
モスやニューラージパールグラスという
比較的に育てやすい水草を中心にレイアウトしているので
この管理法で維持できているのかもしれません。

| マックス部長 | 2017/01/22 11:05 AM |
返事がたくさん役立ちました。
生命力が強くた水草を中心にすればいいようですね!
そしていつも感じるが、水槽の中で自然を作る顧問様の実力をブログを通じて見ることができて本当にいいです。 ありがとうございます^^
| yool | 2017/02/08 1:33 PM |
こちらにもお邪魔します(;^_^A
本当にレイアウトのお手本です。本や他の方の作品は参考になる部分が少なく…いつもここにたどり着いています。

私も質問しかしていないので申し訳ありませんが…

作品を作る上で2か月でここまで完成とありますが、ソイルは乾いても問題ないものなのでしょうか?

今まで私が水景を作るときはソイルが乾かないようにと急ピッチで組んでいるので、細かい作りこみが出来ず、ろくな作品になりません(´;ω;`)
細かく作ろうとなると何日もかかるのでその場合はソイルに霧吹きを行い、作業中断の時はラップをしたりしているのですが…これっていらない作業なのでしょうか?

コンテストで私も上位に食い込みたいといつも参考にさせて頂いております。ぜひご回答頂けたらと思います。
すみません。周囲にネイチャーアクアリウムをやっているものがいないので、ネットと独学になってしまいますので、最高の顧問にご教授頂けたらと思いコメントいたしました。
| miya | 2017/02/19 3:22 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seikasuisoubu.jugem.jp/trackback/533
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

CAJ

 cajlogo.jpg

水草水槽のT

部屋へ!

水草水槽のせかい

AQUAPLANTS

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH