<< 深田氏のインタビュー その3「評価を超えて」 | main | マックス自宅水槽メイキング2016 予告編 >>
深田氏のインタビュー その4 「水草水槽の未来」

 

 

 

タナカ  このコンテストはADAが主催のコンテストですが、ネイチャーアクアリウムってことに関してはどうですか?

 

深田   これは僕が言っていいことかどうかわからないですが、非常にデリケートな問題になってきましたね。変な言い方だけど、コンテストで評価される水槽と、天野さんが広く提唱していこうとしてた水槽にちょっと今、乖離があるんですよね。

 

タナカ  はいはい。それで数年前、審査基準が変わったり、それでも現状その乖離は見てとれますね。

 

深田   それをポジティブに捉えられる人とネガティブに捉える人と、あたりまえだけど出て来る。今のままだと、ポジティブ派とネガティブ派の距離感がなかなか埋まっていかないし、埋まるような兆しもない。だから、あの、本質は同じだと思っているんですよ。ただ、表現するアプローチの対象が違うだけで、審査員とか皆さんに評価してもらうように作るのと、これから、そういうのの興味をもって、こういう世界もあるんだね、私もおれもやってみたいって人に対する水槽と、アプローチの対象が違うんですけど、そういうことを話すときはすごく気を遣います。

 

タナカ  長くやってらっしゃる方はネガティブ派が目立ちますよね。こないだの表彰式でADA風ということを山田先生がおっしゃられてて、そういうのはやっぱり違和感を覚えるというか、じゃあ、見た目、水中感を増してネイチャーアクアリウムにすりゃあいいって話でもないような気もしますからね。

 

深田   キャリアがそんなにない中で、いろんなタイプ、僕達よりキャリアがたくさんある人達、そういう人たちが一緒に同席されてるような場所で、僕が何を言えるのかというのはすごく大変です(笑)

 

タナカ  でも、意見求められたりしますからね、マイク向けられたり

 

深田   みんなから祝福されて、非常にありがたい話だけど

 

タナカ  必然的にアンチも出る(笑)

 

 

IMG_0997.jpg

 

 

 

タナカ  そろそろこのインタビューも〆に入ろうかと思いますが、本日は重要なお話しをたくさん聞かせていただきました、最後に、今後はこの世界コンテストに対してどのような態度で向かい合うというか、なんというか

 

深田   つい二年ほど前は、コンテストで評価してもらいたいとか希望だけでやってたんだけど

 

タナカ  もう立場も変わっちゃいましたからね(笑)

 

深田   公人的な振る舞いも要求されるんですよ、生々しくリクエストされたり

 

タナカ  賞金100万受け取ってますから、それを2回、200万円分(笑)

 

深田   そういうことですよ(笑)

 

タナカ  ADAに対してはそういう振る舞いを求められるでしょうしね、やったほうがいいと思いますし、水草の仲間や、業界からも声かけられることも増えていくでしょうし

 

深田   実は、業界の方からも最近お話しをいただくようなことがあって

 

タナカ  それは、メーカーとか、ショップさんとかですか?メディアとかも

 

深田   ひとついえるのは、どれひとつ欠けてもダメってことなんですよ。僕自身もこれから水槽作っていくためにはどの人も必要なんです。そんないろんな人達のいる中でぼくがこれから、どういう方向に行ったほうがみんな一番ハッピーなのかなと考えるわけですよやっぱり

 

タナカ  ここまで来ちゃうとね

 

 

IMG_0988.jpg

 

 

深田   グランプリいただいたことはうれしいんだけども、コンテストだけに特化したことをやっててもしょうがないですよね。今度はいい意味でアウトプットしていかなきゃいけない。

 

タナカ  多くの人はまだ水草水槽なんて知らないですから(笑)

 

深田   幸いグランプリいただいたんで、比較的言いやすい立場ではある、聞いてもらいやすい立場でもあるんでそういうのを一番うまく活かすためには、やっぱりこう伝えていかなきゃいけないんですよね、周りの人にもこの業界だけでとどまっていないで、これまでやろうと思っていなかった自分のアトリエ以外で水槽をつくりましょうとか、子供向けに何かやってって言われたら、みんなが携わって何かできるようなことがあればいいなあと考えます。

 

タナカ  何があるでしょうね、ワークショップ、シンポジウムとかね(笑)カンファレンスとか(笑)

 

深田   中国ではすごい盛んなんです。日本では協会もないし、ADAというメーカーに皆が傾倒しているだけの状態、ゆくゆくはコミュニティというか、そういったものが必要になってくるのかもしれないなーと思ってますね。今ようやく俯瞰した目線になった

 

タナカ  俯瞰したいなあ〜まだ底辺でキョロキョロしてます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

| 世界水草レイアウトコンテスト | 08:13 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
いままでは、コンテスト、カツキさんだけがんばれと思っていて、深田さんめーーという気持ちでしたが、今回のインタビューで、深田さんもがんばってくださいと思えたことが自分にとってはとてもよかったです。
知るのってたのしいですねー!
| クス | 2017/03/04 9:46 AM |
>クスさま

あーそれはうれしいです!

私も深田さんと膝を交えてゆっくりお話できたことで、なぜ自分は深田さんに毎回負けるのか、ということがハッキリわかりましたw
これでまたひとつ頑張れると思います!神よ!私に深田さんを与えてくれてありがとう!コメントありがとう!
| 顧問 | 2017/03/04 10:04 AM |
カツキさま

4回に渡る力作を非常に分かりやすくまとめて発信頂きありがとうございます。
私もいつも身近にいた深田さんの教えに感服致しました。
ここ数年はどうしようもない状況だったので、精力を注いだ作品を創造出来ないのが非常に残念でしたが、2018年分からは今迄と違ったアプローチにもトライしながら作品を創造したいと思います。
世界の皆さんとこの素晴らしい世界を更に進化させ今後も楽しんで行きましょう。


| ONO | 2017/03/04 12:27 PM |
>ONO さま

じ〜〜〜ん

ONOさんの作品をメンバー共々楽しみにしております〜!この世界を大進化させたいです〜!ご尽力を〜〜!

久々のコメントありがとうございますw
少し話せた感じがしました

| 顧問 | 2017/03/04 12:38 PM |
こんにちは。

審査の先生方のコメントは作品の内容はもちろん聞いていたのですが
態度としての内容を指摘する事が最近気になっていました。

私はほんの一カ月程前まではそれを素直に聞き入れていましたが、
コンテストに対して表現という捉え方や皆さんのアプローチの仕方が違う事に気付かせてもらってからは大きく考え方が違ってきました。
今回のインタビューで自分だけではなかったと思う事が出来ました。

これから作品がどんどん増えていくと多くの方が様々なアプローチをされているのでコンテスト自体がネイチャーアクアリウムの基本に特化した作品しか受け付けなくなるような不安がありますが
あくまでもコンテストの作品なので出品者の皆さんも自分がそばに置いておきたいのはネイチャーアクアリウムの基本的なレイアウトに変わりはない事を先生方も分かっているのだろうなと思っています。
(私の勝手な意見ですw)

まだまだ、チャレンジするだけの身ですのでこれから色々な事が分かってくると思います。

深田さんはさすがですね。
もう作品の事だけでなく色々と考えてらっしゃるのですね。
それと勘違いかもしれませんが中国によく行っている印象があったのですが水草レイアウトが盛んなのですね。
初めて知りました。
あれだけ、素材や水草が安く種類も数も大量にあればそうですよねw

水景の未来が大きく広がりつつあり、具体的に注目され始めているという事で
道半ばであり大きな期待を持っている私には安心できるとともにとても嬉しく思いました。

神様、深田様ありがとうございます。
| eno | 2017/03/05 11:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seikasuisoubu.jugem.jp/trackback/530
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

CAJ

 cajlogo.jpg

水草水槽のT

部屋へ!

水草水槽のせかい

AQUAPLANTS

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH