<< 学校水槽メイキング2016 探究5 | main | グランプリの扉 >>
自然の原理に触れながらデザインを学ぶ

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

大自然と溶け合う体験をしたい

 

 

 

そんな想いから、旅をされる方、登山をされる方、ヨガや瞑想

昆虫採取や陶芸、野菜を作ったりすることなんかもそうかもしれません

それぞれのやり方で、それを人は楽しんでおります

 

 

 

 

そんな体験を

なんとか都市型生活の中で実現できないか

 

 

 

 

 

顧問が出会ったのがサウナと水草水槽です

 

 

IMG_0148.jpg

 

荻窪「なごみの湯」のダイニングには水草水槽がある ↑

 

 

 

 

 

 

サウナがほんとに気持ちよくなるまでには

あの冷たい水風呂に慣れることが最初のステップです

慣れるにはそれなりの歳月を要します

 

 

 

 

水草水槽

ストレス無く楽しめるようになるには

それなりに知識と経験による積み重ねを要します

 

 

 

 

水草をレイアウトする

 

 

本来それは自由に

キャンバスに絵の具を塗るように

自分の思い通りに遠慮なくやればいいのですが

水草は生きており、それぞれ生育条件が異なるので

そこで自然科学的な知識、経験による手応えや成長予測が必要となるのです

 

 

 

 

思い通りにレイアウトしたい

自然素材を自在に使いこなしたい

レイアウトの腕を磨く必要があります

 

 

 

 

 

 

どうすれば水草が生き生きと育ち、且つ

水槽の中に美しさを持ち込むことができるのか

知りたい、やってみたい、腕を磨きたい

 

 

 

IMG_4557.jpg

 

 

 

世界水草レイアウトコンテストというものがあります

水槽メーカーADAが主催するレイアウトの世界コンテストです

レイアウトにはさまざまなスタイル、考え方があります

ADAはネイチャーアクアリウムを提唱しており

水槽の中に美しさを持ち込むレイアウト技法、その中のひとつのアプローチですが

参加することで豊富な知識や経験を仲間とシェアできる

2016年現在、最も注目される世界コンテストということができます

 

 

 

 

 

 

 

この世界コンテスト、上位入賞作品なんかをみていると

気づくことがあります

 

 

 

 

 

このコンテストはアクアリウムの世界だけの話ではなく

これはもう、園芸、絵画、デザインの世界

 

 

 

 

 

水槽に魚は泳いでいるものの

やっていることは素材のレイアウト、アイデアから始まる図案

上位者の多くがクリエイティブに携わるお仕事をされていることにも

そのことがうかがい知ることができます

 

 

 

IMG_3350.jpg

 

 

 

私たちデザイン学部としては、この世界コンテストを無視するわけにはいきません

 

 

 

自然素材を具材として生きた図案を創造する

京都精華大学水槽学部(架空)の水草ブログでは

これまでもコンテストに関する記事をアップしてきました

 

そしてこれからもひきつづき

バンバンアップしてゆきたいと思います

 

 

 

 

DSC00076.JPG

 

 

前人未到の二冠に輝いたグラフィックデザイナー兼水景クリエイター深田氏のインタビューも現在準備中!

 

どうぞ、お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

                        ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 世界水草レイアウトコンテスト | 07:13 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんばんは、最近ようやく目が覚めたというかレイアウトへの理解が進んだので以前より踏み込んだ形でブログを拝見できるようになりました。なのでこのブログが更に楽しくなりました。

私は水草レイアウトコンテストを芸術界の総合格闘競技みたいに感じます(笑)
他のコンテスト。例えば水彩画に例えると絵の具は買えるけど水草レイアウトは絵の具の育成をマスターすることが必要であり、底床作りには園芸からヒントを得たり。。。光の波長とか普通は考える事もあまりないですよね?(笑)
(水彩画に携わる方々へ決して水彩画を軽く見ているわけではないです。私も水彩画は好きで書きます)
自然はそういうトータルバランスを大胆で繊細に保っていると思うと凄いなぁと再認識できます。
(初心者が偉そうなこと書いてスミマセン・・・汗)

話は変わりますが
かなり前でなかなか見つけることができなかったのですがカツキ顧問がレイアウトを見せてもらえばアドバイスをしてくれると仰っていたように記憶しているのですが今でも可能でしょうか?
可能でしたらどのようにすればよろしいでしょうか。
もし、私の記憶違いでしたら申し訳ございません。


深田さんのインタビュー待ってました!
楽しみにしています!!

PS
サ道買いました。まだ読んでませんがネットの立ち読みでサービス部分を何度も見ているうちに欲しくなりました。
私もサウナーです。(初心者序の口ですが)本日も仕事帰りに寄ってしまいました。

読み返したら長いですね・・・・コメントは短い方がいいですか?
加減が分からないので指摘してください<(_ _)>
| eno | 2017/02/05 12:44 AM |
>enoさま

いつもご覧いただきありがとうございます

そうですね。水草水槽は絵の具を育成している、たいへん手間のかかる絵画ですねw

レイアウトのアドヴァイス、アドヴァイスと呼べるほどご指導ができるかどうかわかりませんが、私たちでよければ直接させていただきます。このコメント欄よりメールアドレスをご記入してご連絡ください。コメントは直ちに公開されることはございませんのでご心配なく。

コメントは短くても、長くても、あと8倍ほど長くても大丈夫です!
| 顧問 | 2017/02/05 7:24 AM |
こんな綺麗な水槽を一度は作りたいものです...
| 火山 | 2017/02/09 6:56 AM |
趣味でアクアリウムのブログを漁っていたらここにたどり着きました。私は某東京の美大をもうじき卒業する者ですが、京都精華大学にはこんな素晴らしいグループがあったのですね・・・!とても羨ましく思います。今後も楽しみにしています。頑張ってください!
| haya | 2017/02/10 12:40 AM |
>enoさま

ご連絡ありがとうございます

>火山さま

コメントありがとうございます

>hayaさま

水草のグループをつくってから卒業してください!
| 顧問 | 2017/02/10 7:14 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/02/11 10:49 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seikasuisoubu.jugem.jp/trackback/525
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

  • マックス自宅水槽メイキング2016 体験編 その3
    ロム (03/29)
  • マックス自宅水槽メイキング2016 体験編 その1
    マックス部長 (03/21)
  • マックス自宅水槽メイキング2016 体験編 その1
    eno (03/19)
  • 深田氏のインタビュー その4 「水草水槽の未来」
    eno (03/05)
  • コケを出さない
    しろくま (03/05)
  • 深田氏のインタビュー その4 「水草水槽の未来」
    顧問 (03/04)
  • 深田氏のインタビュー その4 「水草水槽の未来」
    ONO (03/04)
  • 深田氏のインタビュー その4 「水草水槽の未来」
    顧問 (03/04)
  • 深田氏のインタビュー その4 「水草水槽の未来」
    クス (03/04)
  • 深田氏のインタビュー その3「評価を超えて」
    顧問 (02/27)

CAJ

 cajlogo.jpg

水草水槽のTシャツ

comic

水草水槽のせかい

AQUAPLANTS

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH