苔の森

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 


 

水草水槽をやっておりますと

リアルな風景も水槽の中にみえてしまうのは

水草水槽あるあるです

 

 

IMG_0462.jpg

 

 

長野県北八ヶ岳の“白駒の池”

国道から徒歩1分で、この苔の密度!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイアウトコンテストの上位作品があちらこちらに

 

 

IMG_0459.jpg

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

右を向いても、左を見ても

世界トップランカーの作品群です

 

 

IMG_0449.jpg

 

 

この暗がりなんとも、魚の生息地として良いかんじじゃないですか〜

高得点の理由が伺い知れます

 

 

 

 

 

 

 

 


コケがびっしりと生え揃うのは、6月中旬〜7月末頃にかけて

 

 

IMG_0454.jpg

 

 

11月上旬まで楽しむことができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然に出来た造形だけど、むしろ人の手による不自然さも感じたりして

 

 

IMG_0451.jpg

 

 

北八ヶ岳は、真夏でも気温20℃前後

 

 

 

 

 

 

 


 

 

足元がぬかるんでいるので、行かれる方は長靴があるといいかも

 

 

IMG_0455.jpg

 

 

雨が降ったりやんだり、8月末でしたが、森は梅雨時期のようにしっとり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木に覆われて森は薄暗い

これだけ薄暗いほうがカメラで撮った時、コケの色が綺麗に出やすくなるんだよね

 

 

IMG_0446.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽内で再現するには

手前はキューバパールグラス

 

 

IMG_0444.jpg

 

奥はプレミアムモスとか

その奥は有茎草

縦構図に適した流木は水草屋さんに売ってないんだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この木の肌を表現できるような、流木はなかなか見つからない

 

 

IMG_0437.jpg

 

 

なので、自然をそのまま模すような作品はやめておいたほうがいいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手の構図なら、まんま再現できそうですけどね

 

 

IMG_0436.jpg

 

 

ホウオウゴケを使うとよいですね

 

でも

地面から覗いた石の表面のバランス悪い…

自然に対して構図のダメ出し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が多いからなのか

虹がでたよ

 

 

IMG_0468.jpg

 

 

現場からはそんなかんじでーーーす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 課外活動 | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鴨川の水質調査 後編
こんにちわ、部長のマックスです

前回「鴨川の水質調査 前編」の続きです

採集開始

鴨川ひき.jpg

それぞれが

網やプラスチックコップを持って

水面を見下ろすように

鴨川ひき2.jpg

採取

アメンボ
 

アメンボ.jpg

カメムシの仲間なんだって

捕まえると飴のような臭いをだすよ

アクアリストにはおなじみ

エビ類
 

スジエビ.jpg

スジエビ意外にもヌマエビも沢山採集

外来種代表

ザリガニ.jpg

アメリカザリガニ

トンボ代表
 

ヤゴ.jpg

オニヤンマヤゴ


 

次々と採集される水生生物達


 

ここから

観察教室のスタッフに

採集の幅を広げるコツ

教えてもらいました

すごく簡単な事なんだけど

大人になってやって無かった事

それは石を

ひっくり返す事

ひっくり返し3.jpg


ゴロンッ

ギャーーー!

変なモンいっぱいくっついとる




 

ひっくり返す

石ひっくり返し.jpg


何か動いとる


 

よって見ると

石ひっくり返し2.jpg


ヒル

ギャーーー!





 

ヒル.jpg

このヒルは吸血性なし




 

ひっくり返す

卵.jpg


ゴロンッ
 

謎の卵

ギャーーー!




 


 

もういっちょ

ひっくり返す
 

石ひっくり返し5.jpg

だんだん慣れて来た




 

これは

トビケラの幼虫と巣
 

石トビケラ.jpg

糸を出して小石を固めて巣をつくるんだって





 

トビケラ.jpg

佃煮にして食べる地方もあるようです




 

他にも紹介しきれない程の生物を採集
 

コップ縦02.jpg






 

調査の後

コップ横.jpg

生物達は川に放流

ひっくり返した石も

元に戻しました


 

石をひっくり返すのが
こんなに面白いなんて
知らなかった!


石の裏.jpg

石の裏
サイコーーー!


鴨川の石
全部ひっくり返したーい!



 


 

蝉.jpg

板倉先生、板倉ゼミの学生さん

京都自然観察教室の皆様ありがとうございました!


 

告知ーーー!

今週発売のモーニングにて

漫画表紙.jpg

カツキ顧問のマンガ

「サ道」〜マンガで読むサウナ道

掲載されております

漫画.jpg

チェックよろしくお願いします!

ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 課外活動 | 14:53 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
鴨川の水質調査 前編
こんにちわ、部長のマックスです

自然から学ぶ

教科書からではなく

体験から感性を磨くべく

ノジマ副部長と

京都自然教室「鴨川の水質調査」に参加しました

IMG_7798.JPG

鴨川の水生生物を採取

採取した生物の種類や数から

鴨川の水質を知るという試みです

川に入り

IMG_7708.JPG

採取

IMG_7730.JPG




採取


 

IMG_7729.JPG

採取


 

IMG_7755.JPG

参加者で持ち寄って

顕微鏡で

IMG_7773.JPG


凝視


 

IMG_7760.JPG

種類を識別

IMG_7787.JPG

自然観察教室のスタッフの方々から

川での生物観察採取のコツを教えてもらったよ


その話は次回!

写真:ノジマ副部長

ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 課外活動 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハチから学ぶ 〜後編〜
こんにちわ、部長のマックスです

前回「ハチから学ぶ 〜前編〜」のつづきです

不思議がつまった

蜂の巣から

ハチミツ採集

蜂の巣アップ.jpg

ツヤッツヤ

穴を塞いでいるフタを

ヘラで取り除き

フタはずし.jpg

シャカシャカ

フタもうまそう〜

フタアップ.jpg

離れていても良い香り

糖度計で計測

糖度計.jpg

糖度80度

糖度が高いと長期保存が可能

遠心分離機(手動)にかけて

遠心分離.jpg

蜂の巣からハチミツを分離

レバーをひねると

ハチミツレバー.jpg

トロ〜リ

うまっ!

採れたてのハチミツよりも

うまいものがあるのかっていうくらい

ハチミツ瓶最後.jpg

うまっ!

おーい

ハチーーー!

ハチミツ瓶途中.jpg

こんな贅沢な経験、ありがとうーーー!

養蜂は

ハチや植物の習性に精通し

電力も農薬も使わない

スーパーエコロジーシステム


 

半日の経験だったけど
 

エビ02.jpg

学ぶ事いっぱい!

アクアリウムやデザインに通じる事
活かせる事、
沢山ありました!


 

板倉先生、板倉ゼミの学生、森田農園のみなさま

いつもありがとうございます!


 

告知です!!!

明日なんですが

京都マンガミュージアムにて

カツキ顧問伊藤ガビン先生による

トークショーが開催されます

「大うんこ展」刊行記念イベント

unko_pst.jpg

『大うんこ展』トークショー

是非、お越しくださいませ〜!

 

ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 課外活動 | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハチから学ぶ 〜前編〜

こんにちわ、部長のマックスです

自然への理解を深め

デザインに活かすべく

面白そうな事あれば

ヒョッコリ参加させて頂いております

今回はこちら

蜂の巣アップ前.jpg


またまた板倉先生(精華大学人文学部教授)にお誘い頂き

ハチミツ採集体験をしてきました

お邪魔したのは

森田農園.jpg

京都精華大学から徒歩10

森田農園さん

ビニールハウスの片隅に設置されている

ミツバチの巣箱

この辺りからでもハチの羽音がブンブン聞こえてきます

ハチミツ採集日はいつもと違う雰囲気を感じ取り

ハチが興奮しているとの事

蜂の巣ひき.jpg


ハチ毒アレルギー

アナフィラキシーショックの説明を受け

ピリッとした空気の中

防護服を着用し巣箱に近づいていきます

フタをとりはずし

燻煙器で煙を吹きかけて

ミツバチをおとなしくさせたり

移動させたり

燻煙器を使ってハチとコミュニケーション

煙.jpg
 

燻煙器の中には火をつけた新聞紙などが入っていて

紙が燃える事によって発生する煙を使用するので

ハチを傷つける事がありません

巣箱の中には

巣枠が複数枚入っていて

それを1枚づつ取り出していきます

蜂の巣アップ前.jpg

煙でおとなしくなったミツバチ
 

巣箱の外に出る事が少ない

繁殖の為だけに生きるオスバチ

雄ハチ.jpg


動いている姿を見れるのは貴重

目を引くのは

正六角形がビッチリと並んだ

リアルハニカム構造

蜂の巣アップ.jpg


軽量高強度
衝撃吸収性が高く断熱性に優れる

ヒトの生活の中でも

至る所で採用されている

イケてるデザイン


その美しく精巧な六角形の中に

うまそうな蜜ギッシリ!



おいおいおいっ
どーゆうこっちゃ

不思議な事だらけやないかー!


 

おーい、ハチーーー!

君たちに聞きたい事

いっぱいあるよーーー!

後編へつづきます

ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 課外活動 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
噴水池の水生生物調査 〜後編〜
こんにちわ部長のマックスです

前回「噴水池の水生生物調査」〜前編〜 のつづきです

コケ02.jpg

調査中に感じた事なんですが

生体手.jpg

この調査、何かに似てるな〜

どろんこ02.jpg

大掛かりな改修を控えた池の水を抜き

コイ捕獲.jpg

生体をすくいだす

そうか

これは調査という名の

リセット作業

そうやって考えると

この噴水池が

噴水池.jpg

巨大なテラリウムに見えて来た!

この池は琵琶湖の疎水から水を引いている
 

疎水.jpg


疎水から噴水池へ

流れ着いた稚魚や幼虫が

成長繁殖し、池を豊かにする




池に溜まった水は鴨川
 

鴨川.jpg


はなゃ〜

あの噴水池は
大掛かりで巧みに計算された

自然と人との共同作品だったのか〜


自然を理解して
活用するっていいな〜


 

今度はこの巨大テラリウムの立ち上げに参加した〜い!
 

お誘い頂いた板倉先生

スタッフの方々ありがとうございました!



ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 課外活動 | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
噴水池の水生生物調査 〜前編〜
こんにちわ、部長のマックスです




こちら京都市動物園の噴水池


池に入るみんな.jpg


水を抜いた池の中に入って




池に入る2人.jpg


網を振り




ザル.jpg


泥を掬う




これは

京都市動物園で行われた水生生物調査

「京都市動物園」「京都水族館」「京都自然教室」のスタッフ

そして「京都精華大学板倉ゼミ」「地元の中学生」が集い


改修前の京都市動物園噴水池の水質や生態系を調査

今後の環境教育に役立てようというプロジェクト


今回も板倉先生からお誘いを受け、参加させて頂きました


魚仕分け.jpg


採取した生体を選別し、個体数をカウント




フナアップ.jpg


サイズを計測し




集計.jpg

集計02.jpg


集計




水質検査.jpg


水質を検査し




本表紙.jpg

本中.jpg


テキストで確認




ザリガニ計測.jpg


外来種代表のアメリカザリガニ




草魚.jpg


はじめて見たソウギョ(中国外来種)

中国では2mになるらしい




よこえび.jpg


カメの餌として有名なヨコエビ

数ミリサイズ




亀.jpg


ヨコエビが大好きなカメ

力持ち




魚解説03.jpg


淡水ハゼのドンコ

こう見えて美味しい食材




ヤゴ上から.jpg


かっこいいコヤマトンボのヤゴ




メダカ.jpg


大量メダカ




数えるの大変!




後編へつづきます


ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 





| 課外活動 | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
食べれる水草

こんにちわ、部長のマックスです



コンテスト締切まで後1ヶ月と少し

メンテ→換水→気泡→凝視を繰り返しております!


モス.jpg



もはや日常となった、水草との生活

日常となりながらも

水草水槽から植物、そして自然への興味は尽きる事がありません


週末の小春日和、水槽から離れ

ネイチャーゲーム指導員仲間の板倉教授(京都精華大学人文学部)が主催する

自然観察教室に参加しました


この日は、「春の七草を採取してお粥にして食べよう!」という企画


せりなずな

ごぎょうはこべら

ほとけのざ

すずなすずしろ

春の七草

(春の七草覚え歌)


ペンペン.jpg


ナズナ(ペンペン草)




ごぎょう.jpg


ゴギョウ




ホトケノザ.jpg


ホトケノザ



食べれる草って身近な所に沢山あるんだね〜



この日は沢山発見があったんだけど

その中でも一番の発見は


春の七草の中に水草が入ってるって事



それがこちら


セリ自生ひき.jpg


水際に抽水状態で自生するセリ




セリアップ.jpg


シャッキシャキ

このまま摘んで食べられます


セリの水上葉、うまっ!




匍匐セリ.jpg


水中を匍匐する茎




クレソン.jpg


同じ場所で自生していた

食べれる水草クレソン



クレソンの水上葉も、うまっ!

食べれる草ばっかりや〜



自然観察教室は発見がいっぱい


セリビーカー.jpg


もう、どんな草でも食べれる気がする〜!




カツキ顧問最新作!



       

                           ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 











| 課外活動 | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地球の芸術 後編
前回のつづき





で、結局
会場を5時間も徘徊

へっとへと!

でもなんか、石からパワーもらったのか
目覚めたのか、なんだかわからんけど、気力はまだまだ、コーフン冷めやらず
加藤水槽さんの鉱物知識を惜しみなく注ぎ入れてもらったおかげで
鉱物の世界、たいへん興味を持ちました





値段もお手頃な魅惑的な「地球の芸術」を尻目に
顧問が購入したのはこれ!

LEDライト&UVライトつきルーペ!


IMG_3079.JPG

まずはこれでしょ!

素人が石に手を出す前に
見る目をつくらんとな


なんで、UVライトがついてるかってのは
ブラックライトで光る鉱物の光っぷりを確かめたりするため

ルーペなんか買ったのはじめてだよ〜〜

でも、ルーペ(ルーペって名前がそもそもいいし)
鉱物だけじゃなくて、いろんなものが拡大するからすごい楽しい
世界が変容

家に帰ってからず〜っとルーペで遊んじゃったー!


フチ子さんが読んでる雑誌

IMG_3093.jpg



ほれほれ
こんなの読んでんだよ〜!
「世界のフチ100景〜岬編」


IMG_3096.jpg











そーいえば、
会場に福引があってね、
こんなの当たっちゃったーーー!


IMG_3098.jpg


孔雀石、マラカイトだって!



ルーペでじろじろ…

IMG_3099.jpg


きもっ!








        ポチッと。いつもありがとうございます。
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 課外活動 | 23:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
地球の芸術 前編
顧問のタナカカツキです


自然の造形を楽しむという点では、水草とかなりかぶってくるんじゃないかと思われる鉱物の世界

東京ミネラルショーにいってきたよー!




顧問は以前、水晶の結晶砂漠のバラアンモナイトはボンヤリと買ったことあるくらいで
鉱物に関しては全くの無知!

今回は水槽作家の加藤水槽さんが一緒だから、いろいろ教えてもらおーっと!


まずは、高そーな宝石レベルの鉱物からドーン!

IMG_3062.JPG

IMG_3059.JPG

IMG_3061.JPG

IMG_3064.jpg


こんなのひとつひとつ、ウットリじっくり見てたら
いくら時間あっても足りないよー!




会場はめっちゃ広い、それも2フロア、全部見きれないよ〜〜!
チケットが4日間共通の意味がわかった。たしかに一日では見きれない。ムリ

なので、「ウットリ見つめない!」と心に決めて徘徊


すごそーなのがあっても、無視!


IMG_3066.jpg











うわー、化石やー

でか〜〜〜〜

一瞬キンタマかと見まごうた〜〜!

IMG_3065b.jpg


つーか、キンタマにしか見えへんようになってきた〜…
黒キンタマやー

無視無視!

こんなところでつまづいてたら、ミネラルショーが黒キンタマの想い出になってしまいます
先に進まんと



IMG_3065a.jpg







うひゃー
この三葉虫もすごーーーー!


IMG_3074.jpg


こんなの生でみたのは初めて(化石だけど)
トゲトゲしい、けど、なんか優雅

ついついうっとり見つめてしまう…いかん


それにしても、三葉虫の造形がしっかりと浮き出しているなあ
石から、化石だけを掘り起こすテクニック!
クリーニング技術も年々すごくなってんだな(しらんけど)





会場を歩きまわって、そろそろ足もだるくなってきた
昼食、一旦休憩…
まだ会場の四分の一しか見れてない…

ちなみに、会場はものすごい混んでました

純粋に鉱物に興味がある人、化石好きの少年、アクセサリーなどのクラフト素材を求める人、科学的見地から標本を買い求める人、パワーストーンとかのスピリチャル系、開運金運を求める熟年層、ジュエリー大好きマダム、客層は老若男女幅広い〜〜〜


IMG_3070.jpg



メキシコ、インド、中国、他、鉱物の産地からディーラーがやってくる
直販だからアホほど安いんだと








鉱物素人がまず驚く代物がこれ
パイライト(名前覚えた)硫化鉱物の一種

結晶がこんな形







天然でこんな姿だなんて、笑かすなあ〜
無知な顧問も、この鉱物には心揺さぶられる

自然すぎると人工的になるんだなあ








後編につづく

        ポチッと。いつもありがとうございます。
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 課外活動 | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

CAJ

 cajlogo.jpg

水草水槽のT

部屋へ!

水草水槽のせかい

AQUAPLANTS

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH