秋の学校通信2017 後編

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

前回、秋の学校通信2017 前編からの続きです

 

 

 

休憩中に

新入部員の後藤くんが見せてくれた

 

IMG_6602.JPG

S__36495392.jpg

 

オリジナル水槽アクセサリー

 

 

 

 

これが

あまりにも可愛らしかったので

作業を中断し

アクセサリーに注目

 

その制作過程を教えてもらいました

 

 

 

 

まずは思いついたアイデアを

言葉やイラストにして書き出し

視覚化

 

S__36077683.jpg

S__36077681.jpg

 

沢山出したアイデアの中から

精査し 絞り込み

 

 

 

 

 

 

そのアイデアを

プラ板に描き

 

S__36077685.jpg

 

カットし着彩

 

 

 

 

 

 

オーブンでチン

 

S__36077687.jpg

 

プラ板アクセサリー制作では

歪みなく真っ直ぐに仕上げる事が多いですが

 

 

 

 

 

後藤くんのアクセサリーは

その定石にとらわれない

柔軟な発想力で

 

 

 

 

定石とは真逆の

 

 

歪みを活かすという手法

 

 

 

 

 

 

 

それが

にゃんとも言えない

脱力した魅力を生み出しています

 

S__36495394.jpg

 

制作の手を止めて

ほっこりと眺める

 

 

 

 

 

 

次回コンテストに向けて

制作環境の充実を図るべく

 

S__36577305.jpg

 

動き始めた水槽学部ですが

 

 

 

 

 

 

 

開始早々

 

S__36495401.jpg

 

寄り道しております

 

 

学校からは以上です

 

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです  
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

| 過程 経過 | 12:20 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
秋の学校通信2017 前編

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

---お知らせ---

今さら、独自ドメインを取得いたしました登録変更をよろしくお願いいたします

新アドレス http://seikasuisoubu.design

 

 

 

9月も下旬となり

涼しくなってまいりました

 

水草コンテストの世界では

10月末の表彰式&パーティーへ向けて

盛り上がりを見せているかと思いますが

 

 

 

京都精華大学水槽学部では

今年の自分達を越えるべく

2018年コンテストへ向けた準備をスタートしました

 

IMG_6612.JPG

 

学生水槽をリセットし

 

 

 

 

 

 

 

次回コンテストに向けた図案も

 

IMG_6589.JPG

 

準備を始めました

 

 

 

 

 

 

 

意欲的な学生が増えたので

学生水槽を増設し 

 

IMG_6616.JPG

 

それに伴い

新しい水槽台や

ツールなどを整理する棚も設計中です

 

 

 

 

 

 

先の自分達を想定する事によって

コンテストへ向けた意識も高まり

 

頭の中がコンテストへ向けて

ゆっくりと整理されていきます

 

 

 

 

 

今年度から部員となった後藤部員と

 

IMG_6626.jpgIMG_6625.JPG

 

水槽台の制作

 

 

 

 

 

想定していた事が

具体的な形になる事によって

コンテストへの意識はさらに高まります

 

頭の中はコンテストに関する事のみ

 

 

 

 

水槽台制作の休憩中に

 

IMG_6602.JPG

 

後藤部員が

こんなモノを見せてくれました

 

 

 

 

 

後藤部員が自作した

オリジナルの水槽アクセサリーとの事

 

 

 

 

にゃにーーーっ!

 

S__36495392.jpg

 

このアクセサリー

メッチャ可愛いじゃないですかっ!

 

 

コンテストの事も

水槽台も

ちょっと置いといて

 

 

 

水槽アクセサリーの話聞かせてーーー!

 

 

 

続きます

 

 

      ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

| 過程 経過 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
失った緑

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野外で腰水管理していたヘアーグラスです

 

 

DSC00731.JPG

 

 

今年のはじめ

 

枯れました

 

冬でも野外にほったらかしにしていたからでしょう

雪が積もっても、ほったらかしにしてましたから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枯れたように見えて、実は休眠しているだけの植物

光合成の必要がないので、変色したのですね

 

 

DSC00734.JPG

 


取り出してみます


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根本はまだ薄緑色してますね

 

 

DSC00738.JPG

 

 

完全に枯れたわけではございません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスト式管理の水槽に植栽してみます

 

 

DSC00743.JPG

 

 

岩場にピンセットでサクサクと植えて

 

 

さて、上手く復活しますかね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋にある水槽の中は、ライトの熱と湿度でポカポカです

 

 

DSC00745.JPG

 

 

光も、水分も、温度も養分も十分あります

 

光合成し放題なので

ぜひとも、葉緑素を復活させてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、別の水槽で

水を張った状態(通常管理の水槽)にも植栽してみます

 

 

DSC00759.JPG

 

 

変化がよく見えるように水槽手前に植栽してみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植栽から17日目で色が戻ってきました

 

 

DSC00801.JPG

 

 

戻ってきたのか、新芽が展開したのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはミスト式状態の水槽

 

 

DSC00813.JPG

 

 

植栽から20日目です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00833.JPG

 

 

緑が復活してますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一ヶ月経過

 

 

DSC01282.JPG

 

 

馴染んで埋もれて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも40日が経過したので注水
 

 

DSC01408.JPG

 

 

 

完全に馴染みました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私からは以上です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           ポチッと押していただけるとうれしいです 
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 過程 経過 | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 後編

こんにちは、部長のマックスです。

 

 

 

 

「ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編」からの続きです

 

 

 

 

植栽してから3ヶ月半ほど経過した12月中旬

室温の低下にともない

 

IMG_5405.jpg

 

ミスト管理での植物の成長が見られなくなったタイミングで

 

 

 

 

 

 

注水

 

IMG_5448.jpg

IMG_5450.jpg

 

その後

 

 

 

 

 

 

 

 

年が明けて

1月上旬

 

IMG_5575.jpg

 

水中葉が展開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから完成イメージに向け

 

イラスト.jpg

 

仕上がっていく予定でしたが

 

 

 

 

 

 

 

 

2月3月と暖かくなるにつれ

同時進行していた

コンテスト向け作品制作に水槽管理の重心が移っていき

 

モザイク.jpg

※レイアウトコンテスト2017出品作品のため ぼかしあり

 

 

 

 

 

 

 

 

90cm水槽で元気に育った水草は

 

IMG_3507.jpg

 

コンテスト向け作品に必要な素材として トリミングされ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリミングした水草は

 

IMG_6374.jpg

 

水面にストック などなど

 

 

 

 

 

 

 

 

90cm水槽は

美しい水景で人の心を癒す

ネイチャーアクアリウム水槽ではなく

 

120cmコンテスト水槽の完成を支える

サポート水槽へと役割を変えていきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年8月末より制作がスタートした

マックス自宅90cm水槽ですが

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ1年経つというのに

 

IMG_3515.jpg

※90cmサポート水槽(2017年8月1日現在) 

 

 

 

 

 

全く完成する気配なし!

 

 

 

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 


                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

| 過程 経過 | 12:22 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編

こんにちは、部長のマックスです。

 

 

 

 

昨年の夏の終わり

「ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる」の回で

記事にしたマックス自宅90cm水槽ですが

 

早いもので

昨年9月上旬の立ち上げから

 

 

もうすぐ1年

 

 

前回の記事でお伝えしていたのが

 

イラスト.jpg

 

図案を描き

 

 

 

 

 

 

レイアウト.jpg

モス.jpg

 

ミスト式の要領でセットアップ

 

 

 

 

 

 

ラップ管理を開始したところまででしたので


サランラップ.jpg

 

この記事ではその後の経過と

現況をご報告させていただきます

 

 

 

 

 

ラップ初期(昨年9月頃)は

霧吹き管理を楽にする事と

高湿度の維持を目的に流木に直接ラップを巻くという試みをしておりました

 

2週間くらいまでは元気に育ち

モスも活着しはじめてきたのですが

それ以降、緩やかに植物が弱ってきているように感じました。

葉色が少し薄くなり、茎や葉が力なく垂れ下がるような症状です。

 

サランラップ2.jpg

 

ラップ管理が直接の原因かは分かりませんでしたが

今までのミスト管理では現れなかった症状だったので

ラップ管理開始から1ヶ月程経過(10月上旬)した所で

ラップをはずしていつも通りのミスト管理に切り替えました。

 

 

 

 

植物育成の基本的な事なので

何を今更、当たり前な事をと思われるかもしれませんが

 

湿度を保ちつつも

適度に空気を循環させる事の大切さを再認識させられました

(ラップ管理もマメにラップをはずして風を当てることで

上手く管理できるかもしれません)

 

 

 

 

その後は

いつものようにアクリル板で蓋をしながら

 

IMG_5394.jpg

 

乾燥したら霧吹き

 

 

 

 

 

この管理方法で

1ヶ月半経過すると

 

 

 

 

 

モスも活着し

 

IMG_5396.jpg

 

アヌビアスナナプチ、クリプトコリネの葉色も良好 

 

 

 

 

 

 

パールグラス、グリーンロタラ、ルドヴィジアの

 

IMG_5397.jpg
IMG_5407.jpg

 

茎や葉も力強く張りが出てきました

 

 

 

育成状況は11月をピークに

12月になると室温に合わせるように低下

 

 

 

この4ヶ月のダイジェストは下記の通り

 

8月下旬 立ち上げ

9月上旬 ラップスタート

9月下旬 ラップの調子が上がらず

10月上旬 ラップからミストへ

11月中旬 ミストピーク

12月上旬 ミストストップ

 

 

 

後編へ続きます

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 


                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

| 過程 経過 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
仕上げの季節

こんにちわ、部長のマックスです





枯れたかのように見えていた
水草水上葉が再生し

水上葉引き.jpg





たくましい植物の生態を実感する
この季節

ロタラ.jpg





5月初旬





コンテスト出品者には恒例の

ミリオフィラム.jpg

5月末のコンテスト出品締め切りに向けた





仕上げの季節





京都精華大学水槽学部からは
例年とおり



カツキ顧問水槽をはじめ





学校水槽.jpg

学校水槽





自宅写真.jpg

マックス自宅水槽
計3作品の出品を予定しております





仕上がりをイメージしつつ

トリミングツール.jpg

トリミング





生態の行動や体色
水草の発色や成長具合から

エビ.jpg

水質をチェック





水替えで

シャワー.jpg

水草活性化





少しでも順位を上げられるよう
本日もチョキチョキやっております

昔水槽.jpg

以上
仕上げの季節の模様
学校よりご報告でした。


ポチッと押していただけるとうれしいです
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 過程 経過 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
B級植物育成装置
 

こんにちわ、部長のマックスです。

水景.jpg

時間が出来ると自宅のラボスペースにて

植物のディスプレイ管理方法を考え実験しております

ラボ引き.jpg

最近は、水やりにスポットを当てて色々実験中

水をあげすぎて根腐れを起こしたり

水が枯れてカリカリになってしまったり

ラボテーブル.jpg

そんな、水やりのトラブルから解放されたら

植物との関わりがもっと楽しくなるかも

まだまだ実験中ではありますが

水耕.jpg


現在模索進行中の

B級映画ならぬ

B級装置をご紹介

例えば

こんなの

テーブルヤシ.jpg

B級育成装置1号(テーブルヤシ)

アルコールランプ三脚コーヒードリッパーがベースとなり

ディスプレイ新鮮な印象を

三角フラスコの水をマイクロファイバー布

毛細管現象を利用して水を吸い上げ

ブレンド低床(ソイルと水苔)に水分を補給

水苔の湿度は一定に保たれる

見た目に分かりやすい楽チン水分管理

他の植物でも実験

トキワ.jpg

B級育成装置2号(トキワシノブ)




サラセニア.jpg


B級育成装置3号(サラセニア)


どうやらこの方法は

湿度の高い低床を好む植物との相性が良さそうです


もちろん

水草でも実験

ニューラージ.jpg

B級育成装置4号(ニューラージパールグラス)


水中葉を植栽し約数ヶ月、水上葉が展開

ニューラージ上から.jpg

以外といけるようです


他の水草でも

ルドヴィジア.jpg

B級育成装置5号(ルドヴィジア)

水上葉をトリミングし

試験管で水さしをして根が展開した所で植栽

(植栽3週間後の状態)

これから寒くなる事を考えて

ルドヴィジア温室.jpg

B級育成装置5号(ルドヴィジア)温室ver.

まだまだ実験中の方法ですので

植物が長期的に維持できるかの確認はもう少し先になるかと思います

冬季の温度

水苔とソイルのブレンド比によって変わる低床の湿度

ブレンド比によって変わる植物との相性

吸水性の高い繊維の選択  などなど

今後の課題山盛りでございます


進捗またお知らせいたします。



  ポチッと押していただけるとうれしいです
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


| 過程 経過 | 10:55 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
ミスト式で立ち上げた45センチ水槽のその後
顧問のタナカカツキです








ミスト式で立ち上げた45センチ水槽
注水する前までしかご紹介でいきていなかったので
今回は、その後の経過のご紹介です(前回の記事はこちら


DSC04946.JPG


植栽し、密閉してから40日経過の頃










55日が経過して、いよいよモサモサに


DSC05224.jpg











ガラス面の結露を除けば、ごく自然に立ち上がってる水草水槽に見えます


DSC05100.JPG


55日間、ずっとほったらかしておりましたが
密閉から開放して、注水します










DSC05241.jpg



8月、室内温度も高かったので、密閉された水槽内は森林のサウナのようでした
よく、こんな高温に耐えたものです
近くで見ると、元気な水草のシャキシャキ感が失われ、水を欲してるようです


DSC05233.JPG











フィルターやヒーター、CO2機器などを取り付けますので
このシンプルな様相からはおさらばです


DSC05229.jpg


もう、このままでいいんじゃないかとさえ思う

けど、水の中に入った水草は美しいです
お魚も入れば画面に彩りと動きも出てきます












機器を取付けて、注水


DSC05258.jpg









注水完了

DSC05365.jpg











気泡


DSC05275.jpg










55日間密閉は長過ぎました

トリミングもします


DSC05380.jpg


高温サウナ室から注水で環境激変、間髪入れずにトリミング
水草にはたいへんなストレスが襲いかかりますが、すでに根張りもしておりますので
水草本来の力は十分発揮できるはずです
ソイルの養分は水に溶け出さなかった分まだまだ十分に残ってると予想されますので施肥はしません







地が見えるまでおもいっきりトリミング


DSC05443.jpg








さらに植栽をつづけて、一気にレイアウト水槽を完成させます


DSC05458.jpg


水槽後景にピンセットでザクザクと植栽








だいたいこのようなかんじで植栽終了




ゴミなどを取ってから、フィルター、ヒーター、CO2などの電源を入れます










右隣りにある水槽の飼育水を使用したので、お魚も投入でレイアウトフィニッシュ!


DSC05560.jpg


コケ取りのヤマトヌマエビも数匹投入









注水から一ヶ月と二週間が経過






以上になりまーす!















          ポチッと押していただけるとうれしいです
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


| 過程 経過 | 23:20 | comments(24) | trackbacks(0) | pookmark |
世界水草レイアウトコンテスト2015結果通知(学校編)
こんにちわ、部長のマックスです。

本日は学校よりお届けします。

学校のお盆(閉鎖期間)が終わり

夏の部活動再開です。

棚.jpg

目的は

今年のコンテスト結果(2015作品)をみんなで確認する事

学校水槽カツキ顧問の世界ランキング8位に続きたい所です

コンテスト結果の開封日

1年の中でも作品撮影日と並ぶ重要な日となります

10日前に結果が届いたのですが

部員と結果を共有する為、封筒は開封せず寝かしたまま

早く結果を知りたくてウズウズしておりました

やっと迎えた開封の儀

集合.jpg

アイスに夢中で誰も結果に興味なし

今年から学生水槽もエントリーしているので

学校からのエントリーは2作品となります。

封筒2つ.jpg

まずは

学校120cmメイン水槽から

2011年 716位

2012年 1510位

2013年 232位

2014年 165位

ゆっくりと着実に順位を上げてきている

2015年の目標

2桁

今年の作品は

図案から立体模型を制作

ノートマンさんに技術サポートを受けた

今までで一番の自信作です

果たして

開封前.jpg

結果は

学校結果.jpg

229

ガーン!


 

2桁どころか

順位が下がるとは。。。

もう後は

学生水槽にすがるしかなし

学生水槽

立ち上げたばっかりで

出品する事が目標だったけど

カモン、ビギナーズラック!

学生結果.jpg

選外!

(今年から2000位以降は選外となったようです)


 

酒だー


酒持ってこーい!


 

部員の皆様、お疲れ様

お手伝い頂いたみなさま

協力頂いたみなさま

ありがとうございました!

しばらく、酒に溺れた後

次回作に向けて精進いたします。



ポチッと。いつもありがとうございます

 

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 

| 過程 経過 | 20:27 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
2014卒業の儀
こんにちわ、部長のマックスです




卒業シーズンまっさかり


シダ.jpg




ともに活動した

水槽学部員4年生



卒業制作展を終え


ハイジ01.jpg


卒展会場撮影/ノジマ先生




無事に卒業いたしました

卒業おめでとうございモス!




大学生活や部活動を通して

学んだ事が


植栽3人.jpg




少しでも

今後の人生の中で活かされていたら

うれしく思います




これから忙しくなって

いろいろ忘れていくかもしれないけど


部員水槽.jpg




これだけは忘れないでーーー!



自然への理解を深め

芽吹く命とともに

美しいデザインを学ぶ


京都精華大学水槽学部理念


滴.jpg




4年生が卒業しても
まだまだ水槽学部はつづきます



君達と組み立てた

制作01.jpg




この水槽台から


制作02.jpg




世界水草レイアウトコンテスト


水槽台.jpg



グランプリ狙ってくよーーー!

4年間ありがとうーーー!



       

ポチッと。いつもありがとうございます。

               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ       

| 過程 経過 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

CAJ

 cajlogo.jpg

水草水槽のT

部屋へ!

水草水槽のせかい

AQUAPLANTS

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH