学校水槽メイキング2016 探究3

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

前回、「学校水槽メイキング2016 探究2」からの続きです

 

 

 

「グッとくる魚の棲家」をデザインするために

モチーフとしたのが

 

IMG_0883.jpg

 

増水によって土が削り取られ

むき出しになった岸辺の根

 

 

 

 

スケッチを元に

制作していきます

 

スケッチ02.jpg

 

スケッチ:カツキ顧問

 

 

 

 

 

まずは

いつもの様に

ペナック(おまじない)

 

IMG_2349.JPG

 

サラサラ

 

 

 

 

 

袋入り軽石

 

IMG_2355.JPG

 

ポンポンッ

 

 

 

 

 

大まかに土台となる石を組んでいきます

 

1.JPG

 

トントントンッ

 

 

 

 

毎年繰り返される立ち上げの作業は体に染み付いているので

流れるように進んでいきます

 

 

 

石の質感の方向

配石方法

影をデザインしていきます

 

2.JPG

 

自然感を意識し

 

 

 

 

 

 

消失点に向かって目線を誘導する流れを演出

 

3.JPG

 

最終的にはほぼ見えなくなる箇所ですが

こういう土台づくりへのこだわりが良い作品づくりにつながると考えます

 

 

 

 

 

このあたりも同じみの作業ですが

石の間に綿

 

_MG_7861.JPG

 

ソイルもれ防止 バクテリア繁殖領域確保

 

 

 

 

 

 

積み上げた石の上に

 

IMG_2510.JPG

 

流木を配置

 

 

 

 

風雨に耐えるべく

力強く岩を抱きかかえ

 

水や養分を求めて

枝分かれし広く伸びてゆく

 

たくましく生きているであろう植物の姿を想像しながら

根をデザインしていきます

 

 

 

 

根のデザインは

 

IMG_0748.JPG

 

市販の流木と山で採集した倒木の根を組み合わせて行なっていきます

 

 

 

 

 

 

 

水中ボンドを使って接着し

 

名称未設定 1.jpg

 

固まるまでテープで固定

 

 

 

 

 

 

調整の必要があれば

 

IMG_0874.JPG

 

引き剥がし

 

 

 

 

 

 

 

位置を修正し

 

IMG_0873.JPG

 

再度、接着

 

 

 

 

 

 

 

試行錯誤を繰り返しながら

 

IMG_0749.JPG

 

密度をどんどん上げていきます

 

 

 

 

 

 

それを2ヶ月ほど続け

 

IMG_0875.JPG

 

根の密度によって

 

 

 

 

 

 

 

水槽に入れた手が抜けなくなったら

 

IMG_0891.JPG

 

筆を置くサイン

 

 

 

 

 

 

 

根のデザイン

 

IMG_0892b.jpg

 

完成

 

 

 

次回は

植栽し、ミスト管理していきます

 

続きます

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| メイキング | 18:13 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
学校水槽メイキング2016 探究2

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

「学校水槽メイキング2016 探究1」からの続きです

 

 

 

昨年の反省を踏まえ

「オリジナリティと印象度」だけでなく

「自然感の演出」「生息環境の再現」などにも意識を広げた作品にするべく

 

「グッとくる魚の棲家」をテーマに制作を進めます

 

川.jpg

 

今回、参考にしたのが

フィールドワークで年に何度も訪れる

京都北部に流れる清流

 

 

 

 

山間部では気候の変化が激しく

 

横根.jpg

 

川の水量の増減も激しく変化します

 

 

 

 

山間部の川岸で多く見られるのが

増水時に土が削り取られ

根がむき出しになった

岸辺の風景

 

IMG_3249.jpg

 

普段は隠れて見えない根が顔を出し

その根が暗がりを作り出しています

 

 

 

 

 

その姿は

自然の大きな力に翻弄されながらも

力強く生きようとする植物の生命力を感じさせ

 

IMG_0884.jpg

 

さらには、外敵から身を守る砦のようでもあります

 

 

 

 

 

この造形こそ

人の目を惹きつけ

かつ、

魚が落ち着いて暮らす棲家になるのではと考え

 

IMG_0883.jpg

 

今年の作品のモチーフにする事に決めました

 

 

 

 

 

 

カツキ顧問によるスケッチ

 

スケッチ02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ここから

 

IMG_0873.JPGIMG_0891.JPG

 

根と向き合う時間がはじまりました

 

 

 

続きます

 

 

  ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

| メイキング | 19:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
学校水槽メイキング2016 探究1

あけましておめでとうございます!

 

部長のマックスです。

 

2010年の10月からスタートした水槽学部ですが

早いもので、7回目の正月を迎えることができました。

 

いつも支えてくれる皆様、ありがとうございます!

応援してくれる皆様、今年もよろしくお願いします!

 

引き続き

「新しい表現の探究を美大がせずしてどこがするのだ!」の精神で

活動に励んでまいります。

 

 

 

 

2017年最初の記事は

「学校水槽メイキング2016」から始めさせていただきます。

 

まずは昨年度の作品を振り返って

今年制作を進めるにあたっての課題を見つけていきたいと思います

 

昨年度作品

2015年世界ランキング229位 

 

2015作品.jpg

Aqua Design Amano Co.,Ltd.

 

 

 

ブログを読んでいただいている皆様はご存知かと思いますが

 

 

コンテストの審査項目は下記6項目

 

「生息環境の再現」(50点)

「長期維持の可能性」(10点)

「技術点」(10点)

「オリジナリティと印象度」(10点)

「自然感の演出」(10点)

「構図と水草の配植」(10点)

計100点満点

 

付加点として

「ベストアクアリウム」(10点)

 

となっています

 

図録.jpg

 

コンテスト出品にあたって

審査項目への意識が大切だと思っているので

あらためて確認させていただきました

 

 

 

 

昨年は見た目の印象こそが最重要項目と考え

「オリジナリティと印象度」に重心を置いて制作していきました

 

 

 

 

スケッチから

 

00スケッチ.jpg

スケッチ:カツキ顧問

 

 

 

 

 

 

 

発泡スチロールを使って

 

型切り出し.jpg

 

カッターで切り出し

 

 

 

 

 

 

 

1/3縮小模型を制作した

 

模型確認.jpg

 

スケッチから立体模型を制作する技術

 

 

 

 

 

 

小石をつなぎ合わせる事によって

 

石並列.jpg

 

石柱を作り

 

 

 

 

 

 

それをブリッジにして繋げるという


二人2.jpg

 

石組みの技術

 

 

 

 

 

 

 

ミスト式での作品制作など

 

04ミスト初期.jpg

05ミスト期.jpg07注水後期.jpg

 

次にどこで使ったらいいのか分からない

履歴書に書けない技術と経験を大量に吸収する

実り多い1年となりました

 

 

 

 

 

 

結果、見た事のない作品にはなったのですが

 

2015作品.jpg

Aqua Design Amano Co.,Ltd.

 

 

 

心に強く訴えかける作品にはならず

順位も229位と

いまいち振るいませんでした

 

その原因として

コンテストで重要とされる

「生息環境の再現」「自然感の演出」など他の項目への意識が欠けていたのではと考えました

 

 

 

そこで今年は

「オリジナリティと印象度」を大切にしながらも

「生息環境の再現」「自然感の演出」を中心に

他の項目も意識した作品づくりを心がけて制作していく事にしました。

 

 

 

 

人の目を喜ばせつつ

魚にとって心地良い棲家(暗がり)をデザインする

 

 

テーマは

「グッとくる魚の棲家」のデザイン

 

 

 

「グッとくる魚の棲家」をデザインするために

 

川.jpg

 

今回、参考にしたのが

フィールドワークで年に何度も訪れる

京都北部に流れる清流

 

 

メイキングなのに

全然作り始めないまま

 

 

 

続きます

 

 

 

 

  ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

| メイキング | 18:12 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク4位の水草水槽のつくり方 ステップ8

顧問のタナカカツキです

 

 

「世界ランク4位の水草水槽のつくり方」と題し

お届けしてきましたこのシリーズも最終ステップです

長らくおつきあい、ありがとうございました

もう少しのご辛抱を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局…

 

レイアウト作成中、手元が滑って石が鏡に落下、そして崩壊!とか

草が上手く育たなくて間に合わなかったー!とか、なーーんもおもしろいネタもないまま

無事、出品できました

 

 

vvv.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時系列で見てみます

2015年10月にスタート

 

 

 

10月〜11月 石、流木素材の組み上げ

12月〜1月 植栽してミスト管理

2月〜 注水通常管理

(お魚は撮影の20日前に投入)

 

 

4月には完成(締め切り、一ヶ月も余裕)

 

 

約7ヶ月にわたるの製作期間でございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、ずっと眩しかったです

 

 

DSC08627.jpg

 

 

コンテストの結果が発表された今となっては

グランプリをとれなかった理由、原因、決定的に失敗している箇所を知ることができます

その詳細は別の記事に譲るとして、また失敗から学ぶことができましたので次回の作品に活かそうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反省点はありますが

まずは、やったことのないことにチェレンジできたこと

完成までの予測と現実に大幅なブレがなかったこと

見たことない水景を完成、出品できた喜びに酔いしれたい!

 

 

吸水パイプカバー作ったり、石磨いたり、接着したり

毎日地味な作業を淡々とよくこなしました。じ〜ん…

 

 

ご協力いただいたCAJのメンバー、撮影スタッフ、ADAに感謝です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽の背面です

 

 

DSC08536.jpg

 

 

撮影後も、維持を続けておりましたが

水草はいじけること無く、展開し、メンテも非常に楽ちんでございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眩しいことをのぞいて…

 

 

DSC08668.jpg

 

 

 

 

 

 

 

コンテストのための作品というのはいったん忘れて

 

 

 

DSC08635.jpg

 

 

 

ひとつの素朴な水草水槽として

しばし、1人の観客になって楽しみたいと思います

 

 

 

 

 

 

次回予告は

水槽学部部長のマックス先生によるコンテスト作品(世界ランク48位)

我が水槽学部のコンテスト作品(世界ランク43位)の制作過程をご覧いただきます

 

お楽しみに

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

| メイキング | 00:03 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク4位の水草水槽のつくり方 ステップ7

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

さて、何のトラブルも意外な展開もなく撮影の日を迎えました

 

 

DSC08665.JPG

 

 

お魚はなぜか、キラキラと一番眩しい部分に寄ってくる

なんでかなあ〜?そんなもん?

 

 

 

 

 

 

 

撮影は今回もスタジオゆかいのメンバーにお願いしました

どうぞ、世界グランプリになるであろう水槽を思い存分撮ってください!

 

 

DSC08634.JPG

 

 

今回は下からの光線をバッチシ見せたい!ということをリクエスト

 

 

 

 

 

 

 

賞金も出るだろうから、撮影代金もお支払できます!と、ご褒美をちらつかせつつ

毎年、詐欺罪に問われる顧問

 

 

DSC08575.JPG

 

 

一生懸命やってくれちゃってもう〜〜〜泣くぞ!バカ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見せたい部分に細かくライトを調整

 

 

DSC08581.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影中も鏡に反射する光が眩しかった

 

 

DSC08629.JPG

 

 

なのに、撮影した画像を確信したら、目で見えるほどの光線が表現されない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらなる調整、工夫、実験

 

 

24945.jpg

 

 

 

 

ここでCM失礼致します

 

 

そんな難易度の高い撮影を

毎回引き受けてくれる池田晶紀氏率いるゆかい

その技術、手法を余すところなく網羅した本を出版したぞー!

 

 

 

 

 

(水槽の撮影の記事はありませんが、応用できるテクニックがたーくさん載ってます)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08588.JPG

 

 

物撮りのチャンピオンが撮影してくれてんだもん

これ以上の贅沢はないよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影中

魚の群れを誘導し、位置を調整する顧問

 

 

S__38608908.jpg

 

 

理想の場所になかなか来てくれない

手こずります

 

 

 

 

 

 

ハードディスクがパンパンになるくらい何枚も撮影します

 

 

DSC08652.JPG

 

 

その中にきっ奇跡の瞬間を捉えた一枚があるはず!

 

 

 

 

 

 

撮影終了!

 

みんなありがとう〜〜〜〜〜!

これで、私の一年が終わりました(まだ5月)

 

 

 

では次回、最終のステップ8へ

 

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

| メイキング | 12:11 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク4位の水草水槽のつくり方 ステップ6

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスト式での管理です

 

DSC1.jpg

 

 

盛り土の上部が乾燥気味なので、たまに蓋を開いて霧吹きします

 

 

 

 

 

この時期、とくに何もやることないので見守るのみ

 

 

DSC06725.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間くらい経ちましたが水草の成長に多きな動きはありません

 

 

DSC2.jpg

 

 

レイアウトをちょこちょこ、いじったりするしかやることがないので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストック水槽の水草素材をしっかり育てることに尽力

 

 

IMG_7707.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡の上のレイアウト

滑り出さないかハラハラ、予断を許さない状態がつづきますが

水草の成長は順調

 

 

DSC3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2ヶ月が経って モッサモサです

 

DSC5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスト式による管理はこれで終了

注水して通常管理に移行します

 

 

DSC07387.JPG

 

 

フタを開けるとプウ〜ンと奥多摩あたりの森の香りがします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注水の儀

ハラハラ…

 

 

DSC07399.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと注水

 

 

DSC07405.JPG

 

 

崩れ出さないか、ドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

水が入り

上部の後景スペースにに有茎草を植栽しました

 

 

DSC07634.JPG

 

 

CO2機器をとりつけて

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラス部分を磨いたらピカーン!眩しい〜〜!

 

 

DSC08627.JPG

 

水も安定し、草も元気よく

トリミングして絵を仕上げてゆきます

 

 

 

 

 

 

 

3週間が過ぎた頃、お魚投入

去年と同じテトラ・オーロです

 

 

DSC08634.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バツグンの透明度、水槽は旬を迎えます

 

 

DSC08549.JPG

 

 

最終の仕上げに入ります

 

 

 

 

 

 

鏡の上の石組みは、注水後も崩れること無く

ひとまず一安心

このまま無事に撮影の日を迎えることができそうです

 

 

 

 

 

とくに、何のトラブルも意外な展開なく、次回へつづく

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| メイキング | 07:04 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク4位の水草水槽のつくり方 ステップ5

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

レイアウトが決まれば植栽です

 

作品づくりの労力は、水の入ってないこの時期にそのほとんどを費やします

 

 

DSC06471.JPG

 

 

植栽はもう創作の大きな山を超えた最後の仕上げのようなものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水草素材を置くだけです

 

 

DSC06484.JPG

 

 

糸で流木に丁寧にモスを巻いたりする時代は終了しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さくさくと、口笛を吹きながら素手で乗せてゆくだけです

 

 

DSC06478.JPG

 

 

ミスト式で、1ヶ月〜2ヶ月、注水せずに管理(放置)しますから

その間にモスは流木に活着しますし、水草はソイルに根張りします

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり蓋をして、中の水分を逃さないようにします

 

 

DSC06502.JPG

 

 

ミスト期に、カビが生えるなどの報告をたまに聞くことがあります

私たちは、まだそのような経験がなく、原因は予測するしかないのですが

たとえば、有機物の染み込んだ素材、寒天培養の水草、飼育水を使用してしまったり

カビの原因、養分となるものを水槽内に持ち込まないこと

そしてあまり成長の遅い水草は使わないことだと思います

水草を最初から多めに入れておくのも対策としてはありだと思います

同じ湿地空間ではカビと水草は拮抗状態にあり、また、乾燥すると菌は生存危機を感じ

胞子を撒き散らし増殖するみたいなので、湿度はしっかりキープしましょう

ソイルを盛った上部は乾燥しやすいので霧吹きなどで対応するとよいでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ植栽していない部分もありますが

とりあえず、これにて、いったん時の流れに身を任せます

 

 

 

 

ミスト式育成で、使用した水草はニューラージパールグラスウィービングモスです

この草の特徴は育成が難しくないというのと

繁殖してくると、垂れるように展開してゆくのが気に入って、ここ何年かの定番です

 

 

 

 

 

垂れる、滴る造形は水景に高温多湿なエッセンスの演出にバツグンの効果を発揮します

水中感をうるさく言う審査員さん対策でもあります

暗がりと滴る表現は、非常に湿度の高い絵を作ることができるのです

 

 

 

 

 

 

次回は時間経過とともに水草がどのように展開してゆくかご覧いただきます

 

ではまた〜

 

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

保存保存

保存保存

保存保存

| メイキング | 07:22 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク4位の水草水槽のつくり方 ステップ4

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

恐怖!

ガラス水槽の中で傾斜角45度の鏡の上に石を積んでゆく行程の巻!

 

 

DSC06073.JPG

 

 

とにかく眩しい!

 

サングラス装着!

 

 

 

 

 

 

 

 

cg.jpg

 

 

それにしてもガラス面は傷だらけ…

何度も石を出し入れするうちに付いてしまいました

 

 

買ってまだ2年くらいなんですけどね…

注水すれば多少目立たなくなるものの

レイアウト水槽は、どうしたってこうなっちゃいますね

 

 

 

 

 

石が滑り出して

前面のガラスに衝突してバーーーン!ってなる

危機予測をしながら…

 

 

DSC06063.JPG

 

 

タオルを敷いて作業

 

 

 

手から石が落下して

鏡が割れたらおしまい

 

 

ずっとハラハラしてて

楽しくないぞ!

 

 

 

 

 

 

鏡が割れたら

即終了して、旅に出ることにします(少し遠方のサウナへ)

 

 

 

 

石と石の接着は

水中用のエポキシパテを使用してます

これがパーマ液の臭がして臭いです

本来の使い方ではないので商品名は言わないでおきます

 

 

 

 

 

 

ある程度配石したら、流木をレイアウトしてゆきます

 

 

DSC06187.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

奥行き45センチしかありません

その中で遠近を表現せねばならぬため、急勾配はやむを得ません

 

 

DSC06347.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

石と石の隙間には綿を詰めてゆきます

ソイルが降りてこないように土留めをします

 

 

DSC06350.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

接着剤が固まるまで半日かかりますから

それまで養生テープで固定します

 

 

DSC06367.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ソイルも入れました

 

 

DSC06366.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水の流れを感じさせるような

水中感、自然感を感じるようなレイアウトになるまで

何度もやり直します

 

 

DSC06363.jpg

 

 

足しては引いて、引いては足す

素材に埋め尽くされた鏡はもう眩しくありません

 

 

 

 

 

サングラスをはずします(映画のラストシーンっぽく)

 

 

 

 

 

素材の重みで鏡が割れないか

目は怯え、口は乾き、脇汗はびっしょり…

 

 

 

 

 

こんなレイアウトはもう二度とやるまいと固く誓いつつ…

 

 

 

 

 

次回へとつづく…

 

 

 

 

 

                        ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| メイキング | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク4位の水草水槽のつくり方 ステップ3

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

レイアウトのアイデアを実現するために

システムづくりからです

 

 

 

 

 

 

 

 

吸水パイプのカバー制作

 

 

DSC05897.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地味な作業

 

 

DSC05898.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

たんたんと

 

 

DSC05907.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無印で買ったアクリルの仕切板

穴を空ける箇所に印をつける作業

たんたんと

 

 

DSC05948.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無心になってドリルで穴を空ける

 

 

DSC05964.JPG

 

 

たいへん骨の折れる作業です

 

 

 

 

 

 

 

ドリルの大きな音もでるし

集中してないとケガもします

肩も凝るし腕の筋肉もパンパン…

 

 

 

 

 

 

 

だけどこの楽しさはなんだろう!

 

 

DSC05968.JPG

 

 

作業に没頭する時間

無心の時間

 

丁寧に間隔を揃えて穴を空けてゆく

 

 

座り込んでの手芸は

 

 

あっという間に時間がすぎてゆきます

 

 

 

 

 

 

やりだすと止められない麻薬性

 

 

DSC05937.JPG

 

 

 

 

 

誰に命令されてやってるわけではない

自主的な物を作る喜び

 

 

 

 

これが自由というものだなあ〜

 

 

 

 

DSC05975.JPG


 

 

生活の中に、石を積み上げたりする

無駄とも思えるような

無心の時間をもつことは

私にとって、譲ることのできない時間です

(これがバイトだったら絶対イヤ!)

 

 

 

 

大使館からのディナーのお誘いも、セレブとの密会もお断りで

作業に没頭

 

 

 

DSC06004.JPG

 

 

 

旅行なんかもしなくていいね

 

 

 

 

 

 

 

ものづくりの時間は

空港に出向かなくとも

いつもここから私を何処かに連れ出してくれるのです

 

 

アテンションプリ〜ズ

軽石、投入しま〜す

 

 

 

DSC06008.JPG

 

 

そんなことを考えて

悦に入ってるうちに

 

 

 

 

鏡を敷いて

45度に傾けた鏡の底床の出来上がり!

 

 

DSC06009.JPG

 

 

この鏡の上に石を組んでレイアウトしていくのだけど

うまくいくかなあ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

リスク高け〜〜〜〜〜!w

 

 

DSC06010.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽背面はこんなかんじ

 

酸欠防止!

バクテリアの温床にもなることでしょう

 

 

DSC06012.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで問題発生!

 

 

DSC05985.JPG

 

 

メタハラのライトが直接目に入ってきて

眩しすぎるではないか!

 

 

 

レイアウトしにくい!

 

 

 

サングラスして配石していくしかない!

 

 

 

バカバカしい!

 

 

 

ふざけてる!

 

 

 

やったーーーーーー!

 

 

 

つづく!

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| メイキング | 21:12 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランク4位の水草水槽のつくり方 ステップ2

顧問のタナカカツキです

 

 

 

図案を作成する前に

 

やってはいけないレイアウトというのがあります

見慣れてしまった、時代遅れの、他に埋もれてしまうような

ありふれたレイアウトです

 

 

 

 

 

草原に石組み  流木タテ置き

流木を木に見立てた風景  石組み+有茎草の山々

石タテ組み遠景  山岳レイアウト

 

分かりやすい三角構図  中央アーチ

巨木センター原生林

 

 

 

 

 

 

このようなレイアウトをしてしまうと

世界選考(100位以内)に漏れてしまいます

 

オリジナリティーと印象度で0点を叩き出す

リスクの高い、2016年現在のNGレイアウトです

(あくまで、コンテストに特化したレイアウトのお話しです)


 

 

 

 

そんなことを踏まえ

 

スケッチ、いろいろ描いてみました

が、

 

ここで、図案の試行錯誤

さまざまな構図バリエーションのアイデアスケッチを、お見せできればよかったのですが

手元に残っておらず…この一枚だけ

 

 

 

 

 

 

 

 

このスケッチが

今回の作品の基本コンセプトとなりました

 

 

 

光と影

影のフォルムにずっと拘り、スケッチを続けていたのですが

今回は光に目を向け、過剰なまでの光の表現をしてみるのはどうだろう?

ということを思いつきました

 

 

 

底床から発光してる作品は今まであったのだろうか?

 

 

 

底床といえば白砂

多くのトップレイアウターが白砂を敷きつめる白砂ブームが

近年まだつづいております

ありきたりの手法です

画面としても底部に白を用いるのはレイアウトを引き立たせる

効果的な良い手法ですが、目新しさはありません

 

 

底床を発光させる

 

それを実現するのは

物理的に何をどうすれば?

 

 

鏡を使ってみるのはどうだろう?

そこにガッツリ光を反射させた作品はみたことない

 

 

 

「みたことない水槽をつくってやろう!」

天野イズムです

 

(天野作品の見た目の型を模倣した作品ではいけません

型のマネはネイチャーアクアリウムを形骸化させることでしょう

見た目をマネするのではなく創作の態度をマネする)

 

 

 

 

 

そして私はもっとふざけたことをしてみたい!

 

 

 

 

水槽に鏡を使っていいものかどうなのか…

魚に余計なストレスを与えてしまうのではないか?

 

問題は山積です…

 

 

 

 

 

 

水槽の作品というのは正面からのアングルで

両サイドと、トップの水面に当たる部分の鏡面効果

おおいに活用する絵画でございます

「鏡」というのは水槽作品にとって異質なものではなく

普段から付き合いのある、とっても馴染み深い効果を生む素材であるはずです

 

 

 

 

 

 

 

鏡を使った場合

奥行き45センチ内に遠近法を用いるため

角度をつけた置き方になります

下から光が反射してるように見える光の当て方、さらに岩肌にしっかりと影が出るように

奥から手前へかけての光も必要

注水すれば光の屈折率も変化します

水を入れて撮影のテストをしてみないと…

 

 

問題は山積…

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、底床に鏡を用いた場合、その下は

ガッツリと止水域ができてします

 

回避するため、底床のほとんどは軽石でたくさんの隙間を作り酸素を供給

吸水パイプは底床から水を吸い上げるようなシステムをつくらなければいけません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

底床部分に侵入した吸水パイプは

ゴミやソイルで目詰りしてしまうことが予想されます

専用のカバーが必要…

 

 

そんなカバーどこにも売ってないぞ!

 

 

 

問題は山積…

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期(ちょうど去年の今頃)

顧問はずっと真顔で、ときに不真面目に考え込んでおりました

 

 

 

ステップ3へつづく

(なかなか実際のレイアウトの記事になりませんが、創作の時間、その大部分が

手を動かす前のイメージを具体化してく頭の中の作業なのです)

 

 

 

 

で、そんなマニアックで堅物なレイアウト論はほんとはどーだっていいから

この雑誌↓を毎日買おう!

 

 

 

 

 

まるっと一冊サウナ特集だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

| メイキング | 08:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

CAJ

 cajlogo.jpg

水草水槽のTシャツ

comic

水草水槽のせかい

AQUAPLANTS

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH