世界ランキング発表 学生、学校、マックス編

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

 

世界水草レイアウトコンテスト2017

カツキ顧問 世界ランキング14位おめでとうございます!

 

 

 

すでに公式発表されておりますが

あらためて水槽学部に関わるカツキ顧問以外の3作品のコンテスト結果を

ご報告させていただきます

 

 

 

まずは学生水槽

昨年より入部の藤原さん(水草歴1年)が出品しました

 

IMG_6513.jpg

 

1067位

 

大健闘!

 

 

 

 

 

 

そして

昨年、見事100位の壁を乗り越え

43位という好成績だった 学校水槽

 

今年は

 

S__16048132.jpg

 

 

282位

 

大幅ダウン!

 

 

 

 

 

 

そして

昨年45位

昨年の記録を乗り越えるべく

今年も全力で取り組んだ

マックス自宅水槽の成績は

 

IMG_6503.jpg

 

 

491位

 

ぎゃー!

 

厳しい結果となりました

 

なぜ、意欲的に取り組んだにも関わらず

昨年より大幅に順位を落としてしまったのか

次回に活かすべく

しっかりと原因究明していこうと思っておりますが

 

 

まずは

 

 

酒だ 酒ー!

酒持ってこーい!

 

 

 

---お知らせ---

 

今さら、独自ドメインを取得いたしました登録変更をよろしくお願いいたします

 

新アドレス http://seikasuisoubu.design

 

 

 

 

 

 

                 ポチッと押していただけるとうれしいです 


                     にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

| 世界水草レイアウトコンテスト | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界ランキング発表

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界水草レイアウトコンテスト2017 世界ランキングが発表されました

 

 

 

 

 

 

今回こそ、ようやくグランプリをとれたあああ〜と思いながら

出品したのですが、結果14位でした

 

 

IMG_6117.JPG

 

 

 

まさか二桁とは想像してなかったので

メガネを外してレンズを拭いて

かけなおして、を何度もやって見直せど

14位でした…

 

 

 

愕然…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼の形相で、即、サウナに猛ダッシュ!

 

 

 

IMG_2833.jpg

 

 

 

水風呂が14℃でした!

そっちは最高!いえ〜〜〜い!

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、こちらのサウナは横浜スカイスパ

横浜駅近くスカイビルの14階にあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらためて今回のランキングに目を通しますと

 

 

 

 

CAJから徳差エリさんが20位(日本女子1位)

過去最高の成績ですばらしい〜〜〜!ってのと

 

 

やはり、上位にはいつものメンバーで

世界のトップチャレンジャーの健在っぷりにじ〜んとしたり

 

 

 

 

 

 

 

日本人では築地さんが大復活でじ〜ん

 

我が師匠半田さんも好成績でじ〜ん

 

 

 

 

 

 

小野さん、馬塲さん、板倉さん、小暮さん

尊敬する方々のお名前を発見してじ〜ん

 

 

 

 

 

 

 

 

出品できなかった仲間もたくさんいる中

 

多大なるサポートを受けて

今回も出品できたという喜びを噛みしめ

しばし、感慨にふけようと思います

 

 

 

 

 

 

10月の受賞作品発表&表彰式では

世界の仲間に会えることを楽しみにしております

 

 

 

IMG_3067.jpg

 

 

会場にサウナがあれば、最高なんだけどな〜〜ここで外気浴してさ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、我が水槽学部マックス部長の成績はというと…

 

 

ここでは触れますまい…なき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、今回もおつかれさまでした

また来年楽しみましょう!

 

 

 

 

ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

---お知らせ---

 

今さら、独自ドメインを取得いたしました登録変更をよろしくお願いいたします

 

新アドレス http://seikasuisoubu.design

 

 

 

 

 

 

                 ポチッと押していただけるとうれしいです 


                     にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

 

 

 

        ーーーーーーーーーーーーーー広告ーーーーーーーーーーーーーーーーー

        

        ーーーーーーーーーーーーーー広告ーーーーーーーーーーーーーーーーー

保存保存

保存保存

保存保存

| 世界水草レイアウトコンテスト | 06:39 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 後編

こんにちは、部長のマックスです。

 

 

 

 

「ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編」からの続きです

 

 

 

 

植栽してから3ヶ月半ほど経過した12月中旬

室温の低下にともない

 

IMG_5405.jpg

 

ミスト管理での植物の成長が見られなくなったタイミングで

 

 

 

 

 

 

注水

 

IMG_5448.jpg

IMG_5450.jpg

 

その後

 

 

 

 

 

 

 

 

年が明けて

1月上旬

 

IMG_5575.jpg

 

水中葉が展開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから完成イメージに向け

 

イラスト.jpg

 

仕上がっていく予定でしたが

 

 

 

 

 

 

 

 

2月3月と暖かくなるにつれ

同時進行していた

コンテスト向け作品制作に水槽管理の重心が移っていき

 

モザイク.jpg

※レイアウトコンテスト2017出品作品のため ぼかしあり

 

 

 

 

 

 

 

 

90cm水槽で元気に育った水草は

 

IMG_3507.jpg

 

コンテスト向け作品に必要な素材として トリミングされ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリミングした水草は

 

IMG_6374.jpg

 

水面にストック などなど

 

 

 

 

 

 

 

 

90cm水槽は

美しい水景で人の心を癒す

ネイチャーアクアリウム水槽ではなく

 

120cmコンテスト水槽の完成を支える

サポート水槽へと役割を変えていきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年8月末より制作がスタートした

マックス自宅90cm水槽ですが

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ1年経つというのに

 

IMG_3515.jpg

※90cmサポート水槽(2017年8月1日現在) 

 

 

 

 

 

全く完成する気配なし!

 

 

 

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 


                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

| 過程 経過 | 12:22 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる もうすぐ1年 前編

こんにちは、部長のマックスです。

 

 

 

 

昨年の夏の終わり

「ミスト式でネイチャーアクアリウムを立ち上げる」の回で

記事にしたマックス自宅90cm水槽ですが

 

早いもので

昨年9月上旬の立ち上げから

 

 

もうすぐ1年

 

 

前回の記事でお伝えしていたのが

 

イラスト.jpg

 

図案を描き

 

 

 

 

 

 

レイアウト.jpg

モス.jpg

 

ミスト式の要領でセットアップ

 

 

 

 

 

 

ラップ管理を開始したところまででしたので


サランラップ.jpg

 

この記事ではその後の経過と

現況をご報告させていただきます

 

 

 

 

 

ラップ初期(昨年9月頃)は

霧吹き管理を楽にする事と

高湿度の維持を目的に流木に直接ラップを巻くという試みをしておりました

 

2週間くらいまでは元気に育ち

モスも活着しはじめてきたのですが

それ以降、緩やかに植物が弱ってきているように感じました。

葉色が少し薄くなり、茎や葉が力なく垂れ下がるような症状です。

 

サランラップ2.jpg

 

ラップ管理が直接の原因かは分かりませんでしたが

今までのミスト管理では現れなかった症状だったので

ラップ管理開始から1ヶ月程経過(10月上旬)した所で

ラップをはずしていつも通りのミスト管理に切り替えました。

 

 

 

 

植物育成の基本的な事なので

何を今更、当たり前な事をと思われるかもしれませんが

 

湿度を保ちつつも

適度に空気を循環させる事の大切さを再認識させられました

(ラップ管理もマメにラップをはずして風を当てることで

上手く管理できるかもしれません)

 

 

 

 

その後は

いつものようにアクリル板で蓋をしながら

 

IMG_5394.jpg

 

乾燥したら霧吹き

 

 

 

 

 

この管理方法で

1ヶ月半経過すると

 

 

 

 

 

モスも活着し

 

IMG_5396.jpg

 

アヌビアスナナプチ、クリプトコリネの葉色も良好 

 

 

 

 

 

 

パールグラス、グリーンロタラ、ルドヴィジアの

 

IMG_5397.jpg
IMG_5407.jpg

 

茎や葉も力強く張りが出てきました

 

 

 

育成状況は11月をピークに

12月になると室温に合わせるように低下

 

 

 

この4ヶ月のダイジェストは下記の通り

 

8月下旬 立ち上げ

9月上旬 ラップスタート

9月下旬 ラップの調子が上がらず

10月上旬 ラップからミストへ

11月中旬 ミストピーク

12月上旬 ミストストップ

 

 

 

後編へ続きます

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 


                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

| 過程 経過 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
太陽光での水草

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湿度も高いこの季節

野外でも水草を楽しめる季節でございます

 

 

DSC01896.jpg

 

 

↑ニューラージパールグラス 鉢植え管理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、ロタラ系の草と ルドウィジアなどが混ざっております

 

 

IMG_0428.jpg

 

 

ソイルも、養分もなし

野外で完全ほったらかしです

干からびそうになったら

水を足しております

 

このまま野外で冬も越えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足し水のみの管理

 

 

IMG_7120.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは去年の秋頃だったかな〜

 

IMG_8996.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロタラ・ロトンディフォリア

水中では見せない姿をみせてくれます

 

IMG_8997.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい鉢では干からびることがあるので

水に浸けて管理してます

ヘアーグラス

 

 

IMG_7546.jpg

 

 

冬はラップで覆います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キューバパールグラス 腰水での管理

 

 

DSC00203.jpg

 

 

 

仲間におすそ分け用です(随分前の写真ですけどね)

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、さっき早朝に撮影したばかり

 

 

 

 

ニューラージパールグラスの白い半透明の花です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            ポチッと押していただけるとうれしいです 


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| テクニック | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
壁掛けの水景画

顧問のタナカカツキです

みなさま、こんにちは

本日もよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

世界コンテストへ出品した作品は

写真を撮れば、間もなくリセットします

 

 

2016年出品作↑

 

 

 

 

 

 

 

そのまま維持管理したい気持ちもありますが

横幅120センチの水槽をどんどん増やすわけにもいきません

 

 

 

 

 

せっかく1年もかけて作った作品を壊すのは

もったいないと思わなくないですが

自然とともに、仕上がってゆく創作の過程を

もう十分楽しんだなとも思えますし

なにより

次の出品作品のことであたまがいっぱいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、考えれば

1年かけた出品作品はひとりでこさえたものではありません

CAJのメンバーや撮影など多くの方との共作とも言えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとたくさんの方に見ていただきたく

過去の出品作品を出力することにしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリント面にアクリルを圧着させる加工、その透明感と奥行き

水槽作品にぴったりの加工方法です(フォトアクリル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背面は遮光シートで

壁などに掛けられるよう木枠も取り付けました

 

 

 

 

 

 

横幅90センチの壁掛けの水景画になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンテ不要

 

 

 

 

加工業者は「フォトアクリル」で検索を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

これらの壁掛け作品は筑波実験植物園でも展示させていただくことになりました

トークイベントも参加させていただくとになりました

水槽写真を撮っていただいた写真家の池田晶紀氏と

水草研究家の田中法生先生とおしゃべりします

水草展2017」 〜まもろう!野生の水草〜  8/11〜8/20 

 

 

現地集合でみなさまとお会い出来たらと思います

どうぞ、よろしくお願いいたします

 

 

 

 

            ポチッと押していただけるとうれしいです 


                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

| 世界水草レイアウトコンテスト | 06:03 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
初夏の学校近況報告

こんにちは、部長のマックスです。

 

 

 

レイアウトコンテストへの出品が終わり

作品水槽は

維持管理の期間に入りました

 

作品制作に関しては一段落しましたが

制作以外にも日々の活動の中ではいろんな事がおこります

 

 

コンテスト出品から

約1ヶ月間に起こった出来事の中から

 

 

 

 

京都精華大学水槽学部 初夏の近況報告として

3つのニュースをピックアップさせていただきます

 

 

 

まずは

 

<ニュース1>

「いけばな」体験

 

コンテスト向け水槽の制作が落ち着いた

この期間を利用して

レイアウトのセンスや技術

ヒントを伝統文化から学んでみようという試み

 

MG_0264.jpg

 

 

 

 

 

 

大学での「いけばな」の授業をコーディネイトし

ご自身でも「いけばな」を学ばれている大溝先生にレクチャーいただきました。

大溝先生、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

※ここで学んだ事を水草水槽に活かしたいと考えておりますが

伝統の力に圧倒されまだまだ消化できておりません

消化できた頃に記事にまとめたいと思っております

 

 

 

 

そして

 

<ニュース2>

新入部員入部

 

名称未設定 1.jpg

 

高校時代からブログを読んでくれていたという

1年生が入部しました

 

すでに個人水槽でレイアウトをしている実力者

今後の学生水槽のランクアップに期待が持てそうです

 

 

長く続けていると

思いもよらなかった縁が生まれるんだなと感じる出来事でした

 

 

 

 

 

そしてそして

 

<ニュース3>

カツキ顧問原作映画公開!

 

今週末から

カツキ顧問原作の映画

「逆光の頃」

いよいよ公開されます

 

名称未設定 2.jpg

 

 

 

7月8日(土)より

新宿シネマカリテ他 全国随時ロードショー

 

http://gyakko.com

 

 

 

 

 

今週末は

ピンセットとハサミを置いて

 

劇場へ!

 

 

   ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 課外活動 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コケについて、再び

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

水草水槽をはじめた頃

水槽内に生えるコケに悩まされてのを思い出します

 

 

 

 

主に糸状のアオミドロというコケでした

 

 

 

 

歯ブラシなんかで巻きつけて取ってはいたのですが

メンテを怠ると増え続けて

せっかくの楽しい水槽なのに見るのがストレスでした

 

 

 

 

P2250605.JPG

↑ガッカリするよねw

 

 

 

 

 

ショップの店員さんや、本、ネットなので

聞いた知った情報を元に

しかるべき処置でコケはどうにかおさまったのですが

 

水草水槽をやってるとコケには必ず悩まされるものなのだということも知りました

 

 

 

 

 

「コケには必ず悩まされるもの」

いやだな〜〜

 

 

 

 

 

P2210584.JPG

↑これが原因で鬱に!w

 

 

 

 

これから立ち上げる水槽も必ずコケが出る

であれば、水草水槽なんてものは積極的に悩みを作る装置じゃないですか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが

 

 

 

近年、コケに悩まされることはなくなりました

 

ここ何年も、アオミドロをみることはありません

水草水槽をやってると必ず悩まされるのがコケの発生ではない!

今は思っています

 

 

 

 

DSC00340.jpg

 

 

 

 

 

 

アオミドロはもう出ない

 

 

 

 

 

DSC01748.jpg

 

 

 

 

 

コケは今でも

ガラス面に、あるいはパレングラスのフィルター部分に

薄っすらとつく程度に発生しています

 

 

それは水槽内の養分、水の状態の確認であり

水草の成長を阻害するようなものではありません

 

 

日々のメンテナンスで水槽は美しく管理できます

 

 

 

 

 

 

DSC07378.jpg

 

 

 

 

 

以下、顧問の管理環境下において実践していることです

コケの繁殖を抑える条件です

 

 

 

 

照明は強めの光を短時間(7時間以下)

 

毎日決まった時間に点灯

 

消灯後は真っ暗

 

ミスト式で立ち上げる(初期の豊栄養状態を避ける)

 

魚も少なめ、極小のエサ

 

水草をいつもモッサモサにしておく

 

半年に一度フォルターの洗浄

 

一度に大幅なトリミングを行わない

 

マメな換水

 

養分系ソイルの養分がきれたと判断した後は緩効性肥料

 

オトシンクルス、ヤマトヌマエビ(効果絶大)の助けを借りる

 

 

 

 

 

 

DSC00914.jpg

 

 

 

 

 

だけど

いったんコケまみれになってしまった水槽が

しかるべき処理で徐々になくなって、油膜もなくなって

水がどんどん綺麗に透明になって

水草が生き生きとしてくる、そんな

水槽の再生を目の当たりにすると

水草水槽の楽しさを存分に味わってる気がするのも事実です

 

 

 

 

 

 

 

 

                           ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| テクニック | 06:02 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
さらに、木立ちのボトル

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

以前、「木立ちの水景」と題してお届けいたしました記事ですが

 

 

 

20160726_997097.jpg


 

しばらく、この状態で楽しみましたが

維持管理できる自信がありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水を抜いて、草もトリミングして

ラップで蓋をして、放置

 

 

 

 

草は根本からトリミングしましたが

また数ヶ月ほどの放置でこのようにモサモサしてきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開封してみます

 

 

DSC00663.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回より、さらに木立感がでました

 

 

DSC00667.jpg

 

 

 

草は、キューバパールグラスです

水草水槽の素材では定番ですが、このように立て伸びするような姿で使用されることは少ないので

あらためて、キューバパールグラスという水草は有茎草だということがよくわかります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注水しました

 

DSC00677.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、何度でも楽しめる

ボトル水中園芸です

 

 

 

DSC00682.jpg

 

 

 

木立の水景、この場合は魚は何が適当なのでしょうか?

エンドラーズではないな〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

水の量が少ないだけに、温度差にも気を使うし、養分も難しい

楽しめる期間も短く

注水してからのボトルでの維持管理は難易度高いな〜という印象です

このボトル水景がどのような経緯で崩壊してゆくかも

記事にできたらと思います

 

 

本日は以上です

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

| メイキング | 05:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チームプレイ

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

水草レイアウト

それも世界コンテストで上位を狙うということを

最初っからひとりでやる

というのはなかなか困難なことだと思います

 

 

 

 

 

作り方の本もあるし専門のお店もあるし

ネットには様々な情報も出ていますから

ひとりでできなくもないですが

 

水槽が大型化したり

コンテストで入賞するような作品をつくりたくなった場合

仲間がいることが強みになります

 

世界コンテスト上位者の作品は

実のところ、チームプレイだということにも注目です

 

 

 

 

 

 

 

120センチ水槽なんて、ひとりで持てないもん

 

 

 

 

同じような志を持つ仲間と出会う

 

 

 

 

 

 

どの分野もそうかもしれませんが

仲間がいるということが、より良い作品を生み出す強みになります

創作において、交換と共有は多くのメリットを与えてくれます

 

 


 

 

 

 

 

 

素材をシェアできる

 

余った水草を分け与え、石や流木、ときにはバクテリア

創作で必要になった素材を互いに交換したり

使わなくなった器具などあげたりもらったり

 

 

IMG_8557.jpg

 

 

必要となる素材は、多めに育成

 

 

 

 

 

 

 

 

必要な素材をいただいたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをまた仲間のために増やしておく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報の交換

 

 

シェアするのは水草だけでなく

最新器具の使いごごちや、レイアウトに於けるさまざまな情報も交換

トラブルなども共有して対処技術のレベルアップ

育成に関してのノウハウが蓄積されます

 

 

 

 

 

 

 

水草レイアウト、まだまだ確立されてないことも多く、器具は日々進化し

世界コンテストに於いては創作方法や表現も挑戦的な態度で挑まねばならず

「研究」に近い分野だったりもする

 

 

 

 

 

 

「研究」はチームでやるにかぎります

 

 

IMG_1574.JPG

 

 

ミスト式でレイアウトするCAJメンバー

 

これらのやり方は水草レイアウトと表された本や雑誌に載ってない

自分たちで見つけてゆくしかない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の批評

 

 

互いの作品を批評し合うのはチームプレイの大きなのメリットです

 

 

普段は孤独の創作ですから

どうしたって視野が狭くなり客観的視点を失いがち

厳しく批評しあうことで順位は大幅に変わります

ケタが変わります

 

 

人に見せて意見をもらうことで気づくことがなんと多いことか!

 

 

 

見せる機会の少なかった作品は順位悪い、あからさまに結果に反映されます

仲間の力を大いに感じるときです

 

 

 

 

互いの作品の予想順位を集計↑

 

趣味を超えますね…

なぜここまでやるのだ?という疑問は後回し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意欲の交換

 

 

チーム各個人の作品をみたり、話たりすることで

よし!わたしもやんなきゃ!って、うっかり意欲が伝染しちゃいます

 

チームでやる最大のメリットは

創作意欲の交換ではないかと思います

 

創作というのは伝染病、空気感染します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材の買い出しに香港の水草ストリートまで

ひとりで来るのは心細すぎるけど、複数人と来ればたのしい修学旅行

 

 

_DSC7335.jpg

 

 

下草をシートで売ってるなんて

知らなかったよ〜〜〜

 

 

 

 

 

このまま、水槽にドボン!やってみた〜い

 

 

_DSC7303.jpg

 

 

きっと味気ないことでしょう(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

レイアウトの勉強会

ベトナムから、フランスから、インドから、香港、中国から

互いの作品をプロジャクターで投影し

作品批評、意見を交換しあいます

 

 

IMG_8857.jpg

 

 

顧問はヒアリングできないので世界からの貴重な意見もさっぱり…

(自動翻訳機よ!はやく!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界コンテストのために世界から集まった同士達(新潟ADA社屋)

 

 

DSC00190.JPG

 

 

「美」はいともかんたんに国境を超えてゆきます

孤独とワールドワイドを行ったり来たりするのが水草水槽の醍醐味かもしれません

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

| CAJ | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

CAJ

 cajlogo.jpg

水草水槽のT

部屋へ!

水草水槽のせかい

AQUAPLANTS

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH