さらに、木立ちのボトル

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

以前、「木立ちの水景」と題してお届けいたしました記事ですが

 

 

 

20160726_997097.jpg


 

しばらく、この状態で楽しみましたが

維持管理できる自信がありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水を抜いて、草もトリミングして

ラップで蓋をして、放置

 

 

 

 

草は根本からトリミングしましたが

また数ヶ月ほどの放置でこのようにモサモサしてきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開封してみます

 

 

DSC00663.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回より、さらに木立感がでました

 

 

DSC00667.jpg

 

 

 

草は、キューバパールグラスです

水草水槽の素材では定番ですが、このように立て伸びするような姿で使用されることは少ないので

あらためて、キューバパールグラスという水草は有茎草だということがよくわかります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注水しました

 

DSC00677.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、何度でも楽しめる

ボトル水中園芸です

 

 

 

DSC00682.jpg

 

 

 

木立の水景、この場合は魚は何が適当なのでしょうか?

エンドラーズではないな〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

水の量が少ないだけに、温度差にも気を使うし、養分も難しい

楽しめる期間も短く

注水してからのボトルでの維持管理は難易度高いな〜という印象です

このボトル水景がどのような経緯で崩壊してゆくかも

記事にできたらと思います

 

 

本日は以上です

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

| メイキング | 05:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チームプレイ

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

水草レイアウト

それも世界コンテストで上位を狙うということを

最初っからひとりでやる

というのはなかなか困難なことだと思います

 

 

 

 

 

作り方の本もあるし専門のお店もあるし

ネットには様々な情報も出ていますから

ひとりでできなくもないですが

 

水槽が大型化したり

コンテストで入賞するような作品をつくりたくなった場合

仲間がいることが強みになります

 

世界コンテスト上位者の作品は

実のところ、チームプレイだということにも注目です

 

 

 

 

 

 

 

120センチ水槽なんて、ひとりで持てないもん

 

 

 

 

同じような志を持つ仲間と出会う

 

 

 

 

 

 

どの分野もそうかもしれませんが

仲間がいるということが、より良い作品を生み出す強みになります

創作において、交換と共有は多くのメリットを与えてくれます

 

 


 

 

 

 

 

 

素材をシェアできる

 

余った水草を分け与え、石や流木、ときにはバクテリア

創作で必要になった素材を互いに交換したり

使わなくなった器具などあげたりもらったり

 

 

IMG_8557.jpg

 

 

必要となる素材は、多めに育成

 

 

 

 

 

 

 

 

必要な素材をいただいたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをまた仲間のために増やしておく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報の交換

 

 

シェアするのは水草だけでなく

最新器具の使いごごちや、レイアウトに於けるさまざまな情報も交換

トラブルなども共有して対処技術のレベルアップ

育成に関してのノウハウが蓄積されます

 

 

 

 

 

 

 

水草レイアウト、まだまだ確立されてないことも多く、器具は日々進化し

世界コンテストに於いては創作方法や表現も挑戦的な態度で挑まねばならず

「研究」に近い分野だったりもする

 

 

 

 

 

 

「研究」はチームでやるにかぎります

 

 

IMG_1574.JPG

 

 

ミスト式でレイアウトするCAJメンバー

 

これらのやり方は水草レイアウトと表された本や雑誌に載ってない

自分たちで見つけてゆくしかない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の批評

 

 

互いの作品を批評し合うのはチームプレイの大きなのメリットです

 

 

普段は孤独の創作ですから

どうしたって視野が狭くなり客観的視点を失いがち

厳しく批評しあうことで順位は大幅に変わります

ケタが変わります

 

 

人に見せて意見をもらうことで気づくことがなんと多いことか!

 

 

 

見せる機会の少なかった作品は順位悪い、あからさまに結果に反映されます

仲間の力を大いに感じるときです

 

 

 

 

互いの作品の予想順位を集計↑

 

趣味を超えますね…

なぜここまでやるのだ?という疑問は後回し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意欲の交換

 

 

チーム各個人の作品をみたり、話たりすることで

よし!わたしもやんなきゃ!って、うっかり意欲が伝染しちゃいます

 

チームでやる最大のメリットは

創作意欲の交換ではないかと思います

 

創作というのは伝染病、空気感染します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材の買い出しに香港の水草ストリートまで

ひとりで来るのは心細すぎるけど、複数人と来ればたのしい修学旅行

 

 

_DSC7335.jpg

 

 

下草をシートで売ってるなんて

知らなかったよ〜〜〜

 

 

 

 

 

このまま、水槽にドボン!やってみた〜い

 

 

_DSC7303.jpg

 

 

きっと味気ないことでしょう(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

レイアウトの勉強会

ベトナムから、フランスから、インドから、香港、中国から

互いの作品をプロジャクターで投影し

作品批評、意見を交換しあいます

 

 

IMG_8857.jpg

 

 

顧問はヒアリングできないので世界からの貴重な意見もさっぱり…

(自動翻訳機よ!はやく!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界コンテストのために世界から集まった同士達(新潟ADA社屋)

 

 

DSC00190.JPG

 

 

「美」はいともかんたんに国境を超えてゆきます

孤独とワールドワイドを行ったり来たりするのが水草水槽の醍醐味かもしれません

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

| CAJ | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
石磨き

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画家が筆を折ったのではありません

 

 

DSC01041.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扱いやすい長さで

 

 

DSC01046.jpg

 

 

 

絵筆を使って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石の表面をやさし〜く擦ります

 

 

 

DSC01053.jpg

 

 

水槽の中のレイアウト素材は

時間が経過すると、付着物で表面が変色してゆきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵筆を使って

汚れを削り落とし、本来の色に戻します

 

 

DSC01057.jpg

 

 

なんとも地味な作業ですが

無心になってやってると、不思議と心が晴れ晴れとしてきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石の色や模様が

水の中でありありと立ち上がり、水景画に豊かな彩りが蘇ります

 

 

 

DSC01059.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒髭苔も削ぎ落とせるという

研磨剤が練り込まれたブラシ、かゆいところに手が届くADAの商品(プロブラッシュ)です

 

 

DSC01078.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効果たるや、すごいですねw

 

 

IMG_1361.jpg

 

 

頑固な汚れはプロブラッシュ

優しく表面を削りたいときは絵筆

使い分けたいです(誰に言ってる?w)

 

 

 

 

 

 

 

石を磨く作業のおもろみ、喜び、

心が静かに広がる瞑想状態

宇宙にアクセス!

 

これが研磨トランスかあ〜〜!

 

 

石をつるっつるにするおっさんいるよね〜〜〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

気をつけよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 器具 素材 | 05:37 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
応募完了!

顧問のタナカカツキです

 

 

 

今年も世界水草レイアウトコンテスト

無事、応募することができました

 

 

S__49070095.jpg

 

 

 

やっとことさグランプリがとれそうなので

会場で流れる覇者のムービーも同時に録っておきました

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは王冠をうけとり、賞金をうけとり

関わりのあったすべての人への感謝も

先に済ませておこうかと思っております

 

 

 

DSC01614.jpg

↑今年も写真家の池田晶紀氏ならびにスタジオゆかいのスタッフに全面協力を仰ぎました。ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、今回の制作も

石を接着させたり、積んだり

石との格闘でございました

 

 

 

 

 

 

 

今、わたしのやっていることはほんとに

水草レイアウトなのか?と疑うほど

石のことばかりやっておりました

 

 

 

DSC01851.jpg

 

 

 

 

 

 

この石はどの向き、どの角度が一番よい影ができるのか…

 

 

 

 

 

 

DSC01856.jpg

 

 

 

 

水草のレイアウトは大好きだけど

石を接着させたり、そーゆークラフトは本当は苦手…

心からやりたいことではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵のを描くのは得意、でも、石を接着するのは得意じゃないし技術もない…

 

 

 

 

 

DSC01862.jpg

 

 

 

 

だけど…

レイアウトの腕を磨くため、レイアウト技の幅を広げてゆくためには

思考よりも実践…

 

 

 

 

 

 

 

重い腰を上げ、嫌々ながらにでも

やっていると…

 

 

 

 

 

 

DSC01845.jpg

 

 

 

いつのまにか…うまくいくこともあって…

経験と小さな実績を手がかりに

手慣れた技になってゆく

 

 

 

 

 

 

 

苦手意識はなくなり、やがて、抵抗なく創作に没頭…

 

 

 

 

 

 

 

習得というのはそんな過程を経て身につくものなのかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

15度以下の冷たい水風呂に、なんの抵抗もなく入ってゆく勇敢なオッサンらも

最初はみ〜んな水風呂苦手で、気が進まなかったと思います

 

 

入れるようになって、人生またひとつ楽しみと喜びを手にしました

 

 

 

 

 

 

IMG_4655.jpg

↑仲間の撮影のお手伝い

 

 

 

 

 

 

 

苦手なんだよな〜面倒だな〜〜〜と思いつつ

そんな心は一旦横へ置いておいて

実践してみる

 

 

 

 

 

 

実践、具体的な行動から生まれるものがなんと多いことか

 

 

 

 

 

 

IMG_4476.jpg

 

 

 

 

気が進まないことこそ、感性が違うと思うものこそ見つめてみる

早々とジャッジして自身を小さく見積もらない

他者から学ぶ

創作の幅、手技を広げて素材を自在に扱えるようになれば

 

 

 

 

 

創作の自由が手に入る!

 

 

 

 

 

って、頭ではわかってても

なかなかでけへんな〜

 

そうやんなあ〜〜

 

京都ええなあ〜

 

真宙くんの美しさに、しばしうっとりと、どうぞ

 

予告編が公開されたって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部員のみなさま

ひとまず今回、応募ができた!ってことだけでも

自分を讃えましょうー!わーい!

おつかれさまです 

 

 

 

 

 

                           ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| 世界水草レイアウトコンテスト | 06:49 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
絨毯だけ敷き替え

顧問のタナカカツキです

 

 

 

 

 

顧問のアトリエにある

45センチ水槽90センチスリム水槽、立ち上げて1年半以上が経過し

そろそろ低床の目詰まりも激しく、下草の調子もよくないと思いまして

水槽手前部分、下草だけリセットすることにしました

 

 

DSC09763.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下草の絨毯を剥がします

 

 

DSC00510.JPG

 

 

手でむしり取ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビロビロビロビロ〜〜〜〜

 

 

DSC00511.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手に伝わる独特な感触

葉とソイルがやわらかく剥がれていくこの感じ

なんて表現してよいのか

 

 

DSC00506.JPG

 

 

かぼそい根がプチプチ切れていく感触

やわらかく、やさし〜〜〜く剥がしてゆきます(片手で写真撮るのたいへんです)

 

 

 

 

 

 

 

ビロビロビロビロビロビロビロビロビロビロ〜〜〜

 

 

DSC00503.JPG

 

 

汚泥化したソイルが水中に舞いますので

フィルターを止めて作業しております

 

 

 

 

 

 

 

 

剥がれました

 

 

DSC00515.JPG

 

 

ソイルはドロになっておりますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

45センチ水槽も同様に、剥がしました

 

 

DSC00516.JPG

 

泥ですね

 

 

 

 

 

 

 

取り出した水草の絨毯は

比較的、状態の良いものだけを残し繰り返し使用します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいソイルを入れます

 

 

DSC00594.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植栽します

 

 

DSC00618.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

45センチ水槽も同様に

 

 

DSC00656.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一週間が経過


 

DSC00708.JPG

 

 

変わり映えしませんが

葉が光の方角に向き揃いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10日経過

スイッチが入ったように急成長、急展開

 

DSC00760.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一ヶ月経過

 

 

DSC00792.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40日ほどで

なんとなく敷きつまりました

 

DSC01025.JPG

 

 

奥の90センチスリムの方、少し成長が遅れたのは

CO2のボンベが切れていたのを放置、添加を怠ったからだと思われます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01084.JPG

 

 

とくにおもしろいことも、なんの異常事態も起こらず

 

 

おっさんが、水草水槽楽しんでるで〜という記事になってしまい申し訳なく存じます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顧問も見開きでマンガ描いておりますので、毎日、最低1冊は買ってね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           ポチッと押していただけるとうれしいです 
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| テクニック | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マックス自宅水槽メイキング2016 制作編 その5 最終回

こんにちわ、部長のマックスです

 

 

 

 

計10回に渡りお付き合いいただいたメイキングも

本日で最終回

 

マックス自宅水槽メイキング2016 制作編 その5です

 

 

 

 

世界水草レイアウトコンテスト2016の結果は

 

原始の森.jpg

©Aqua Design Amano 

 

 

 

 

 

 

 

世界ランキング48位(日本ランキング8位)


名称未設定 9.jpg

 

やったー!

 

 

 

 

 

 

 

念願の100位の壁を超え

さらに

 

マックス.jpg

 

50位の壁を越える事が出来ました

 

 

 

 

 

 

 

メイキングの締めくくりとして

制作工程を振り返ります

 

名称未設定 04.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_af4.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_afb.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_b01のコピー.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_b13.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e10.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_ee2.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_1041.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_1095.jpg

原始の森.jpg

©Aqua Design Amano 

 

 

 

 

 

思い起こせば

世界水草レイアウトコンテスト100位の壁を越えるべく

佐渡島へ足を運んでのフィールドワーク

 

 

 

 

大樹の森.jpg

 

 

 

 

その異形の世界で心動かされた

奇妙で力強い自然のリズムを

部屋の中へ持ち込むべく

 

佐渡島の原生林をモチーフに

制作開始

 

 

 

 

大樹の森2.jpg

 

 

 

 

分からない事の連続で

迷いながらの制作でしたが

 

 

 

 

大樹の森3.jpg

 

 

 

 

 

仲間に支えられ

なんとか完成し

出品する事が出来ました

 

 

 

 

 

制作に協力いただいた皆様

コンテストを運営いただいている皆様

ブログを読んでいただいている皆様

 

そして

佐渡島

 

名称未設定 20.jpg

 

ありがとうございました!

 

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

| 世界水草レイアウトコンテスト | 13:32 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
マックス自宅水槽メイキング2016 制作編 その4

こんにちわ、部長のマックスです

 

 

 

マックス自宅水槽メイキング2016 制作編  その4です。

 

 

 

垂れ下がる枝を支える為

 

名称未設定 10.jpg

 

枝を吊りながらのミスト管理

 

 

 

 

 

この枝をどうやって安定させるのかが

最大の課題でしたが

 

 

 

 

 

注水してみると

浮力によって枝が軽くなり

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1041.jpg

 

軽くなった枝を

他の流木に引っかけてみた所

ぴたっと 安定

 

 

 

 

このレイアウト最大の課題は

自立にこだわらず 寄りかかる事で解決

 

 

 

 

 

さらに密度をアップし

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1095.jpg

 

最後の仕上げは

 

 

 

 

 

魚(カージナルテトラ)の入水の儀

 

 

 

 

 

最初は怖がり隠れている魚達が

安全を確かめながらゆっくりと動き出し

 

しばらくすると

群れをなして泳ぎだす

 

IMG_2934c.jpg

 

それは

 

 

 

 

 

目を入れられた人形に

命が吹き込まれる瞬間のようで

 

 

 

 

命をまとい

流れと広がりが生まれた水槽に

 

しばし釘付けになる

 

IMG_2934b.jpg

 

水景作品制作の中でも大好きな時間の一つです

 

 

 

 

 

 

入水の儀を堪能したら

撮影日に向けて最後の微調整

 

 

 

 

 

5月末に

撮影

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_10f5.jpg

 

今回も撮影は精華大学ビジュアルデザイン学科教員の

豊永先生と野島先生に協力いただきました

いつもありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

パシャリ

 

原始の森.jpg

 

©Aqua Design Amano 

 

 

 

 

世界水草レイアウトコンテスト2016へ出品し

結果を待ちます

 

 

 

次回、最終回

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 世界水草レイアウトコンテスト | 06:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
マックス自宅水槽メイキング2016 制作編 その3

 

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

 

マックス自宅水槽メイキング2016 制作編 その3です

 

 

 

 

レイアウトの骨格ができたら

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_b13.jpg

 

いよいよ 植栽です

 

 

 

 

 

流木へは

陽が当たり

葉が茂るであろう箇所を中心に

細かく刻んだウィローモスをのせていきます

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e03.jpg

名称未設定 11.jpg

 

 

接着箇所を隠す事も忘れずに

 

※植栽写真撮り忘れの為

写真はミスト管理中の写真です

 

 

 

 

 

 

 

下草は

ベースに 

ニューラージパールグラス

 

岩陰に 

ヘアグラスショート

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e05.jpg

 

下草と流木のつなぎとして

アヌビアスナナ プチ

ストロギネ レペンス

 

流木に一体感を持たせるように

オーストラリアン ドワーフ ヒドロコティレ

 

あとは

混ざってしまったリシア

 

 

 

 

 

 

 

ラップで上面を覆い

ミスト管理して

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e10.jpg

 

注水のタイミングを待ちます

 

 

 

 

 

ミスト初期は

流木の上部は乾きやすいので

こまめに霧吹き

 

流木が水分を含み

モスが活着する頃には

保水力が上がる為

乾きにくくなり

管理がしやすくなります

 

 

 

 

 

ミスト育成は

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e86.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_e04.jpg

 

良好に進行してますが

 

 

 

 

 

気がかりなのは

ミスト管理中に

今回のレイアウトの象徴とも言える

枝箇所の流木が

水分を含んで垂れ下がって来た事

 

 

 

 

 

応急処置として

 

名称未設定 9.jpg

 

針金で吊るすことにしました

 

 

 

 

 

 

 

 

枝を吊りながらのミスト管理

 

名称未設定 10.jpg

 

作り方、本当にこれであってる?

 

 

 

ギリギリの日々は続きます

 

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

 

 

 

 

 

| 世界水草レイアウトコンテスト | 11:35 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
マックス自宅水槽メイキング2016 制作編 その2

こんにちは、部長のマックスです

 

 

 

 

マックス水槽メイキング2016 制作編 その2です

 

 

 

 

流木の小片を組み合わせて

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_af4.jpg

 

大木を表現する

 

 

 

 

 

 

一時は路頭に迷った

初めての試みも

試作を繰り返す事で


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_afb.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_afe.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_b01のコピー.jpg

 

なんとか形になってきました

 

 

 

 

 

 

接着剤を使わない仮組

大まかな形を取った後

 

 

 

 

 

水中ボンドで接着


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_c47.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_c45.jpg

 

固まるまでテープで固定

 

 

 

 

 

 

「接着剤メモ」※私見

 

水中ボンド

固まった後も剥がしやすく

レイアウトの修正がしやすいですが

接着力が弱いので

固定した素材は丁寧に扱う必要があります

 

しっかりと固定したい時は

水中ボンドを仮止めに使用して

レイアウトが確定したら

水中パテグルーガンで固定するのが良いかもしれません

 

 

 

 

 

 

さらに

アケビのツルを使って

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_b13.jpg

 

枝の細部や流木に絡まるツルを表現

 

 

 

 

 

佐渡の森で体感した

異形の美を追求していきます

 

 

 

 

 

流木のLEGOだと言い聞かせ

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_b15.jpg

 

ひたすら

積み上げて来ましたが

 

 

 

 

 

 

状況は

ますます未経験の領域

 

追加05.jpg
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_c49.jpg

 

作り方、これであってるのかな〜?

 

 

 

 

 

不安な日々は続きます

 

 

 

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

| 世界水草レイアウトコンテスト | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マックス自宅水槽メイキング2016 制作編 その1

こんにちわ、部長のマックスです

 

 

 

「マックス自宅水槽メイキング2016 制作編」その1です。

 

 

 

佐渡島で得た経験を活かし

奇妙で力強い自然のリズムを表現すべく

 

名称未設定 19.jpg

 

佐渡島の原生林をモチーフに制作開始

 

 

 

 

まずはスケッチ

佐渡の天然杉の魅力を描くには

どのアングルから描くのがベストか検証

 

 

 

 

森を俯瞰で 

 

名称未設定 01.jpg

 

森全体を描く

 

 

 

 

 

 

 

森の入り口  

 

名称未設定 02.jpg

 

木の群生を描く

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに踏み込んで

 

名称未設定 03.jpg

 

1本の木に焦点を当てる

 

 

 

 

 

 

今回描きたいのは佐渡の天然杉の魅力

その特徴である象牙のような枝

この作品の肝となる事を考えると

 

名称未設定 04.jpg

 

この構図が表現しやすそうです

 

 

 

 

 

大まかな構図が決まったら

素材を組んでいきます

 

 

 

 

 

今回の技術的なポイント

 

流木の小片を組み合わせて

象牙のような枝を持つ大木を表現するという試み

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_af4.jpg

 

この、不安しかない試み

これは流木のLEGOであると 自分に言い聞かせ

 

 

 

 

アホほどの試作を繰り返します

 

 

 

 

しかし、試作を繰り返せば繰り返すほど

 

追加03.jpg

追加02.jpg

 

不安はつのるばかり

 

 

 

このLEGOのマニュアルどこ〜?

 

 

 

 

 

 

 

ポチッと押していただけるとうれしいです 
               にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

| 世界水草レイアウトコンテスト | 09:12 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

CAJ

 cajlogo.jpg

水草水槽のT

部屋へ!

水草水槽のせかい

AQUAPLANTS

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH